« 土曜版 | トップページ | 「Dear フランキー」 »

2005/07/03

Nを追え!

私は韓国の俳優、イ・ビョンホンのファン。はっきりいってルックスは趣味ではなかったのだが、なぜだか心が奪われてしまった。

きっかけは、仲の良い妹からのひとこと。「貴女はあれだけ冬のソナタ見たらって言っても見なかったけど、今度の美しき日々もいいよ。まだ5回までしか放送してないから、それまでの分ビデオで見せてあげる。とにかく主演の男の人がいいのよ~、声が素敵。絶対いいから見て!」という熱烈なアドバイスがあったのだ。BS2が見られるようになったばかりだったというのも手伝って、それだけいうなら見てやるか、とビデオを見始めてすっかり彼の演技力と独特のオーラにやられた。

ドラマ自体は、絶対ありえない設定。世でいわれているように、往年の赤いシリーズのよう。でも、せつない音楽、美男美女(なかには?の人もいるけれど)とひきこまれる条件は整っている。とうとう寝ても冷めてもイビョンホンふんするミンチョルのことで頭がいっぱいになった私は、歌も大のお気に入りになってしまった。遂に私は生まれてはじめて、外国語の歌を覚えよう!と決心。一ヶ月くらいで、3曲、歌えるようになった。一年半くらい前のことである。人間やればできるものだ。暇さえあればサントラを聴いていただけで、ある日すらすらと言葉がでてくるようになる。~~~マラソンという英語の勉強法があるけれど、きっとこの論理なんだろうな、と体験してはじめてわかる。この歌、絶対流行るよ、と言ったまま時は過ぎたが、ちゃんと地上波放送のころは、どこのコンビニでもスーパーでも、日本語版がかかってたもの。♪約束。先見の明あり?

と言う調子で、昨年は韓流一色だった私。元気をいっぱいもらって、やっとパワーの蓄積ができた。ありがたいことだ。今年は仕事量が増えたので、昨年ほどはのめりこまないようにセーブ。ところが、携帯電話のCM作戦にひっかかり、最初は躊躇していたのにはまってしまったのが、「Nを追え」。イ・ビョンホンが日本進出最初に選んだCMとして、まさにイメージにぴったりなのでファンとしては喜んでいる。24時間東京都内のどこにMr.Nが出没するか探す、というなんともいえない楽しい企画。壁紙を各地でゲットできるのも魅力。12時間はおまけがあるので、残りの12時間分をパソコンの前で画面とにらめっこして頑張ればよいのだ。久しぶりにお~っとパソコンの前で唸る。かっこいい。最近観た「甘い人生」とスタイルはほぼ同じだが、ノワールな内容の映画とは違い、明るい。上目遣いの視線あり、独特の歩き方あり、サービス満点なテコンドーの蹴りシーンあり、月島ではおじさんと将棋?浅草ではお相撲さんと散歩?東京と言っても渋谷や新宿だけじゃない、なかなか渋いスポットもあり楽しめる。

興味のある方は、ミッションはNを追え!「ついてこれるかな?」「お先に!」はいはい、ついていきますよ~。ということで、是非お試しあれ。

|
|

« 土曜版 | トップページ | 「Dear フランキー」 »

コメント

ウチにはテレビがない。平安と時間を得る最速の手段です。(もともと学生時代に引っ越し荷物に入れられなかったのが起因。)
なので韓流にはついてゆけませんが。
ただ、先日の“赤い”シリーズ復刻でも話題になっていましたし、ラジオ派の私ならば、80周年記念番組での“君の名は”復刻など、韓流から環流した“ドラマチックなドラマ”復権など、マツダMiataがべんべM3を産んだきっかけになったように、ワキから楽しんでいます。

おっかけも電話サービスの一環ですか?
先日、職場でドラマのロケがありましたが、社員のヤジウマはともかく、おっかけが待機してたのは驚きでした。

投稿: のり | 2005/07/03 23:58

のりさん、テレビっ子の私には、テレビの無い生活は考えられません!でも、テレビに支配された生活をいつのまにかコドモタチが送っているのをみると、まずかったな~と思います。食堂にだけは置かないようにしてますけどね。

おっかけは、携帯電話のプロモーションなんですよ。ミスターNが24時間を都内24箇所のどこにいたか全部探し出した人にだけ、プレゼント応募権があるという内容でして、インターネットでできるんです。みすみすそういうのに引っかかるのも癪ですけど、ファンとしてはのらない手はないっていうわけで。だからって、製品はちょっと簡単には購入できませんわな~。

ドラマの撮影なんて、面白い体験でしたね。テレビに映ったらいいですね~。おっかけのみなさんも、ご苦労なこと……

投稿: ののか | 2005/07/04 00:26

 ののかさん、私は冬ソナにすっかりはまった時期がありました。ブームになるずいぶん前、韓国語を勉強している友人に勧められたことがきっかけでした。
 あり得ない設定もありますが、音楽が素敵でしたし、何よりもイ・ミニョンさんの役の時のヨン様が素敵で・・・。たくさん夢を見させていただきました。
 ドラマの中に没入してしばし現実を忘れる時間って、いいですよね♪ののかさんもイ・ビョンホさんを通して、夢を見る時間を大切にしてくださいね。

投稿: まざあぐうす | 2005/07/04 21:13

まざあぐうすさんも冬ソナに夢中になったのですか。私は、夢中でありながら時々そんな自分が恥ずかしいような気もしていたんですよ。
お仲間でしたか、嬉しいです。今は、「夏の香り」を時々見ています。テーマの色は緑。きれいで美男美女で、とってもよいです。イ・ビョンホンは新作ドラマには出そうもないので、ちょっとお休みしています。

投稿: ののか | 2005/07/05 15:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/4806845

この記事へのトラックバック一覧です: Nを追え!:

« 土曜版 | トップページ | 「Dear フランキー」 »