« 夏本番 | トップページ | 娘からの手紙 »

2005/07/19

た・か・ら・も・の

今日仕事で出かけた先は、ちょっと田舎の街。ひと月ぶりだが、不便な街なのに実は楽しみがあるのでうきうきして出発。楽しみというのは、仕事先のそばにある、バリの小物がおいてあるセンスのよい生地屋を覗くこと。

初めて通りがかったときから、私の心をつかんだそのお店。仕立て屋の裏のガレージを改造してお店にしてあって、涼しげな麻やコットンでつくったベビー服やかわいい子どもサイズのワンピースが飾ってある。う~これは!!私の大好きな生地屋のなかでも、今までにないセンスの良さ。しかし、高い!!ちょっと手が出ない。端切れなら手が出そうだが、それも少しお値段が…。

そして今回が三回目。朝はまだ、店は開いていないが、SALEの文字が…。これはチャンス。昼休みに覗きに行く。お~確かに、値段が下がっている。ミシンを直線しか縫えない私には、洋服は無理だが、コースター、ランチョンマット、子どものスカート、ブックカバーくらいなら、何とかいける。実は私の家の箪笥の引き出しは、いくつか生地でいっぱい。特にクリスマス柄のものが多い。あれもこれもと何年かかけていつの間にか増えてしまった。引き出しを眺めるときの満足感。これは何にしようか?と考える楽しさ。これが、今日の買い物でまた増えてしまった。

チェック柄でいかにもブックカバーによさそうな生地の束。360円。コースター用の和風の生地16枚セットで80円。これは2組購入。ブックカバーにあわせて麻の生地、150円。などなど。しめて1290円。1時間の時給くらいでこの宝の山。にんまりにんまり。仕事の疲れも吹っ飛んで、しばらく空想しては至福の時間を味わおう。

|
|

« 夏本番 | トップページ | 娘からの手紙 »

コメント

素材。形になっていないから希望があります。
私の場合、くだらない仕上がりか、目標が高すぎて挫折することが多いですが。
忘れたころに作品にするか、それともその素材の存在を忘れてしまうか、ここでも収納が問題になりそう?
私の好きな図柄は、矢羽根模様です。
よく使う素材はフェルトですね。端末処理が不要だから。それ以外の生地では、ここしばらく作っていません。
気に入った図柄の生地。お気に入りキャラクタの描かれたまんが雑誌付録のレターセットのように、そのまま保管したくなったりして。(先日の引っ越しでは、動物のお医者さん関連の雑誌付録が大量発掘!)

投稿: のり | 2005/07/19 22:47

のりさん、こんばんは。私は素材が形を成すまでが時間がかかるんですよ。でも素材だけでも、十分楽しめちゃうんですよね。
>矢羽根模様。なんだか「ハイカラさん」を思い出します。
>フェルトも楽ですが、フリースもいいですよ。
一度使ってみてください。
のりさんの部屋もた・か・ら・も・のでいっぱいみたいですね~。収納問題は、私の場合は悩みの種です。

投稿: ののか | 2005/07/19 23:17

持ち腐れているものは宝ではない。ゴミだ。
だからそのゴミ、私に頂戴!
とは、伊奈かっぺいさんの有名なフレーズ。
ウチの場合、ガラクタが我楽多と当て字されるように、まさにその程度です。
でも、それなりに姿になると、周囲の人から驚嘆の声をいただきます。それが本当の楽しみだったりします。

投稿: のり | 2005/07/20 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/5051769

この記事へのトラックバック一覧です: た・か・ら・も・の:

« 夏本番 | トップページ | 娘からの手紙 »