« 胡麻 | トップページ | ホットケーキ »

映画バトン

ミントさんから、映画バトンをいただいた。映画通なわけではないけど、好きな分野なのでじっくり考える。難しいなあ。

①所有している映画の本数。

これは、20本ほど。子どものためにと言いながら、自分のために買ったもの(スタジオジブリばかり)と、友人が海外で安く手に入れてプレゼントしてくれたもの(イ・ビョンホン主演もの)がほとんど。大抵はレンタルしています。

②最後に買ったDVD。

買ったこと、無いです。

③最後に観た映画。

「Dear フランキー」…気に入って2回も見てしまった。

④よく観る、または特別は思い入れのある映画を5本。

「存在の耐えられない軽さ」…育児で疲れ切った私が、また映画に目覚めたきっかけになった作品です。なんともいえないんですけど、ダニエル・デイ・ルイスとジュリエット・ビノシュが最後に階段を上がっていくシーンが美しくて。好きです。

「ことの終わり」…単なる不倫ものかと思いきや、中身の濃さと主演のジュリアン・ムーアの美しさに心奪われました。願いとか祈りとか、そういうテーマがあると思います。神がおこしてくれた奇跡が、私の心を救ってくれました。

「悲情城市」

ホウ・シャオシェン監督(台湾)の作品は、この1990年ころ全て見尽くしましたけど、この作品はスケールが大きく、完成度が高く、音楽がすばらしく(S・E・N・S)、もう何度も観にいきました!!

「ニュー・シネマ・パラダイス」

もう、音楽を聴いただけでだめです。感動が甦ります。劇場公開版だけで十分涙でしたけど、完全版を見てさらに感動しました。大好きです。

「Wの悲劇」

薬師丸ひろ子が好きなんです。主題歌がユーミンのものだったし、サントラは久石譲。思い出があったりして。内緒ですけど。

⑤バトンを次にまわす5人。

コメントいただけたら、順にお渡ししたいと思います。

« 胡麻 | トップページ | ホットケーキ »

コメント

ののかさん、早速のUPありがとうございます。
エキサイトの方がつながらないので、先にこちらにお邪魔します。
「フランキー」2回もご覧になったんですね。先を越されました(笑)。あとで気になる映画ですよね。
台湾映画は全然見たことがないのですが、ホウ・シャオシェン監督、今度見てみたいと思います。
「ニュー・シネマ・パラダイス」のテーマ曲は私も大好きです。この映画は夫が好きで、涙を流しながら見ていたので、私は夫に感動してしまいました(^^)。

投稿: ミント | 2005/08/28 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/5675353

この記事へのトラックバック一覧です: 映画バトン:

« 胡麻 | トップページ | ホットケーキ »