« 人は死んだらどうなるのか | トップページ | 銀杏 »

2005/10/05

手前味噌

10月に入ったので、2月に仕込んだ味噌を出した。今年はとても美味しくできた。今までで一番。嬉しいなあ。本当は、入れるべき塩をうっかり三分の一ほど入れそこない、あとから青くなっていたのだが、大丈夫だったようだ。長期保存はできないかもしれないが、きっと春までには食べきってしまいそうな量なので大丈夫だろう。

味噌を作り出したのは、友の会の影響。私は家庭に入って子育てだ、となったとき、とても自信がなかったので、愛読している雑誌『婦人之友』の読者の会に入った。それが友の会である。地方で知り合いもなく、雑誌から電話番号を調べて頼っていった友の会の人たちは、それはもう勤勉で立派な主婦の集まりで、私は程度の差を恥じ入りながらも、必死になって活動についていった。

実際は、幼い子を連れているので例会にも遅刻ばかりしていたけど、近くの人たちの集まりである最寄会であちこちのご家庭を訪問したりするのが、とても楽しかった。先輩達は、毎年2月になると、皆で大豆や麹を取り寄せて味噌を作っていた。私もいつの間にか仲間に入れてもらい、最初の何年かは、大騒ぎしていつの間にか我が家の分も仕込まれているという状態であった。何年目かに、自分の家で今度は知り合いを集めて、味噌の仕込み方を伝授。しかし、マンション暮らしだったので、家の中の涼しいところがみつからず、どうしてもカビが出てしまうのが難点だった。

今年はその点、うまくいった。友の会は引越しを機にやめてしまったが、味噌作りだけは続けたくて、昔の遠い仲間に頼んで材料を送ってもらい、こちらで仕込んだ。やっぱり、初めて作ったときの味に近い。前年は、こちらで新しく知り合った人のつてで購入した材料で仕込んだが、味がきつくてがっかりだった。やっぱりわいわい言いながら昔の仲間と作った味噌の味が懐かしい。

麹が多いせいか、優しい甘い味噌ができて、この冬温かい汁を出すのがしあわせいっぱいな気分。嬉しいなあ、楽しいなあ。面倒だけど、またトライしよう。満足な味噌を前に、決心も新たな秋の夜である。

|
|

« 人は死んだらどうなるのか | トップページ | 銀杏 »

コメント

 ののかさん、手前味噌いいですよ。
 私も数年前まで味噌つくりをしていました。でも、不思議なことに毎年味噌を仕込んだ後に風邪を引くのです。それで、この5年間くらい体調が悪かったものですから、風邪を引くのが怖くて、止めていました。

 今年は、ののかさんの記事を読んで、作ってみようっと思いました。

 手前味噌って、いい言葉だなあとののかさんの記事を読んだ、感想です。

投稿: まざあぐうす | 2005/10/08 21:29

まざあぐうすさん、こんばんは。

手前味噌の記事を書いてしまい、ちょっと反省してたんですよ…読んだ人誰も気持ちよくないものねって。

慰めていただいたようで、じんわり嬉しくなっているののかです。

この冬、是非お味噌、つくりましょうね!

投稿: ののか | 2005/10/08 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/6265458

この記事へのトラックバック一覧です: 手前味噌:

« 人は死んだらどうなるのか | トップページ | 銀杏 »