« 涙そうそう | トップページ | クッキー »

キンモクセイの木の下で

今日は娘の保育園の運動会だった。天気が不安定なので開催が危ぶまれたが、朝の6時20分に予定通りとの電話があった。

実はこの呼び出し音に慌てた私は、寝ぼけて飛び起き電話に走り寄るときに、しこたま右膝と右手の親指の爪を廊下の角にぶつけてしまった。しばらく氷で冷やしたが、親指はしばらくしびれており、後から見ると血豆ができていた。おにぎり作れない~と痛がっていたら、息子が、僕がつくるよ、と言ってくれた。なかなかいいところあるじゃん、と感謝する。

8時半に集合だったので、ダッシュで娘を車に放り込み、保育園に駆けつける。今日は駐車禁止なので、保育園の周りには「駐禁」のカードを持った保護者が見張っていたが、一角にほんの一瞬停めさせてもらって、まずは娘を送り届け、応援の場所を確保。ジャングルジムの隣が空いていたから、遠慮気味に敷物を広げた。それからまたもやダッシュで家に帰り、息子が宿題をしている横で弁当その他家事を済ませ、今度は息子と一緒に自転車で保育園へ。あ~忙しい。

運動会は曇天のもと始まっており、半そで半ズボンでも丁度よい気候。一昨年だったか、晴天で閉口したので、今日のように薄曇りくらいがいい。応援を始めてふと気づくと、頭上から何か落ちるものがある。雨かしらと見上げると、そこはキンモクセイの木の下であった。オレンジの金平糖のようなかわいい花が、ぱらぱらと落ちてくる。息子と二人、葉の上に花を並べて、ひととき楽しむ。

昼になって息子を塾に送っていくため、またもや一旦帰宅。娘は家の人に任せて弁当を済ませてもらい、私は家で食事をして息子を送り出し、またもや自転車で保育園へ。娘は保育園運動会のフィナーレを飾る、年長組のリレーに出場。根性のあるところを見せてくれた。今日は一日嬉しくて、跳んで撥ねて、さすが「ゴムまりちゃん」である。可愛いなあ。来年はお兄ちゃんと同じ小学校にあがるから、二人の活躍を同じ場所で見学できるので、楽しみだ。一日が終わり、家に帰って弁当箱を洗おうとしたら、キンモクセイの花が入っていた。こういうことをいつまでも忘れずに、思い出にとっておきたいなと思った。

« 涙そうそう | トップページ | クッキー »

コメント

おつかれさまです。
大変そうでしたけど、どこかほのぼのとして、いいなぁ、です。ちょっとうらやましい。

投稿: トマス | 2005/10/08 20:08

ののかさん、こんばんは。
本当にお疲れ様でした。
素敵な一日だったですね。
ののか娘さんに、「がんばったね」って
伝えてください。
ところで、ののかさん、右手と右膝大丈夫ですか?

投稿: GTU | 2005/10/08 21:56

yuzukiさん、こんばんは。

>金木犀の花びらのシャワーですね

とても忙しい一日でしたが、
贅沢な時でもありました。
私は心から、この香りを愛しています。

投稿: ののか | 2005/10/08 23:39

トマスさんへ。

>ちょっとうらやましい。

そうですか?
ただばたばたしているだけなんですが、こういう時をあとからふりかえると、きっと大事な思い出になってるんでしょうね。

投稿: ののか | 2005/10/08 23:41

GTUさん、こんばんは。

>右手と右膝大丈夫ですか?

ご心配ありがとうございます。
お風呂に入って点検したところ、右膝だけでなく右ひじもしっかり青あざができてまして…
利き手の親指はまだじんじんしてるし、針仕事しなきゃならないのに、困ってしまいます。
寝ぼけた頭で猛ダッシュなんて、するもんじゃありません。
こんな歳になって、お恥ずかしいかぎりです。

投稿: ののか | 2005/10/08 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/6307061

この記事へのトラックバック一覧です: キンモクセイの木の下で:

« 涙そうそう | トップページ | クッキー »