« 慰めのハート | トップページ | ♪Beautiful Name »

2005/12/08

ジョン・レノン

ジョン・レノンが死んだ25年前、私はまだ15歳で、彼の曲を知らなかった。ビートルズなら知っていた。♪イエスタデイを選んで、美術の時間にオルゴールを作ったことがある。角川映画の「獄門島」のテーマになっていた♪レット・イット・ビーを聴いて、感動したのもそのころか。いい歌だなあ、と習いたての英語で思ったものだった。でもメンバーに、ジョンとポール、リンゴ・スターとジョージがいることは知らなかったのだった。

私の誕生日は12月9日。そのお祝いの日に、メディアはジョンの死を伝えるので大騒ぎだった。大変なことが起こったのだな、ということはわかった。ケネディの暗殺なら親から話を聞いたことがあったが、このミュージシャンの死にどういう意味があるのか、私にはよくわからなかった。

大学生になって同じ12月8日を迎えたとき、先輩が興奮して部室でジョン・レノンのことを話しているのを聞いた。若者が悲しむこの死には、大きな意味があるのだということはわかった。

OLになって、ジョンを愛してやまない同僚に会った。こういう愛し方をされる音楽家だったのだ、と思った。彼からもらったCDで、初めてジョンの曲を聴いた。

そしてあの死から25年。日本にはジョン・レノンミュージアムができ、多くの人が彼の死を悼み、またその音楽のすばらしさを再確認するために、そこを訪れる。

彼の体は無くなったのに、彼の残した音楽とメッセージ~Love and Peace~は生き続けている。普遍的なもの~愛と平和を愛する心~がこの世からなくならない限り、彼の歌は歌い継がれていくのだろう。

そして明日、私はジョンの歳を越える。私は一体この世に生きた証として、何を残すことになるのだろう。

|
|

« 慰めのハート | トップページ | ♪Beautiful Name »

コメント

♪今日は素敵なHappy birthday To You
 多分誰かのHappy birthday To You 、、、by 陽水
お誕生日おめでとう

投稿: sada | 2005/12/09 01:56

sadakichiさんへ。
すてきな♪Happy Birthday でお祝いしていただき
とっても嬉しいののかです。

どうもありがとうございました。

投稿: ののか | 2005/12/09 07:12

ののかさん、お誕生日おめでと~~う!!

おぉぉ~皇太子妃雅子さまと、同じ日じゃないですか!
(なんか、この偶然の一致がすごい)。
ジョン・レノンが殺された日、私の隣の席の男の子が、
「しょっくだよ、しょっくだよ!!」
とつぶやいていたのを覚えています・・・・。
ほんとですね、彼は何時までも、皆の心の中に生き続けているんですね。

投稿: かおちゃん | 2005/12/09 08:32

☆お誕生日おめでとうございます☆

私も12月生まれなんですよ。
ののかさんの日記を読んで来週誕生日なのを
今思い出したんですけど^^;
忙しすぎて忘れてました。
師走だな~本当に。

投稿: あづゅ | 2005/12/09 16:10

♡かおちゃんへ。
 コメントありがとうございます。そうそう、私、雅子さんと同じ誕生日なんですよ。一つ年下ですけれど、なんとなく嬉しいです。

♡あづゅさんへ。
 まあ、同じ12月生まれなんですね。いて座ですか?
師走は本当に忙しくて、これから加速度つきそうですよ~。お祝いメッセージありがとうございました。

投稿: ののか | 2005/12/09 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/7528956

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・レノン:

» レノン−マッカートニー−ジョン・レノン命日に− [3SIDES トゥ MUSIC]
というわけで ジョン・レノンは神です[:イヒヒ:] てのはウソで不器用なまでに人間であり続けたヒトだと思います。 もちろんリアルタイムで体験できたわけではないけど 彼が残した音を聞けばきっとわかるはず それはすごく素敵な音楽・言葉で・・・ それ以上でもなければ、それ以下でもない だから変に神格化してるフリークには けっこう引きます[:バッド:] でオススメは 曲なら イマジン アルバムなら ジョンの魂 JOHN LENON/PLASTIC ONO BA... [続きを読む]

受信: 2005/12/09 00:36

» Give Peace A Chance [ジロー's カフェ]
ジョン・レノンの名曲の一つ、 Give Peace A Chance (平和を我 [続きを読む]

受信: 2005/12/10 09:16

» その日、世界は凍てつき悲しみに沈んだ - 二十五年前の追憶 [世に倦む日日]
キャバーンクラブが防衛庁前から芋洗坂の方に移ったのは、ちょうどバブルのピークを迎えた頃だった。最初にキャバーンクラブを訪れた当時、全国にまだこの店一軒だけしかなかったと思うが、その後、全国各地に同じような店ができた。芋洗坂に引っ越して店の内装がすっかり変わってしまい、がっかりした記憶がある。防衛庁前の店は、中がリバプールのオリジナルの雰囲気をよく醸し出していた。椅子は長く座っていると腰が痛くなるような硬い木で、テーブルもシンプルで、私はリバプールには行ったことはないけれど、ロンドンの地下のパブで見た... [続きを読む]

受信: 2005/12/20 00:16

» 二十五年目の回顧と追悼 - ジョンが生きていてくれたらを想像する [世に倦む日日]
一報が入ったその日、何故だかわからないが自然に仲間同士で集まり合っていた。「おい、ニュース聞いたか、今からそっちへ行くから」という感じで、二人三人と寄り集まって、肩を寄せ合うような具合になっていた。ネットもない時代で、情報交換というほど各自が多くの情報を入手していたわけでもなく、ただジョンが死んだという大きな衝撃を受けた日に、一人でジッと動揺と向かい合って時間を過ごすことはできなかったのだ。一緒に話し合う仲間が必要だった。みんな若くて、何でも話し合える仲間で、そしてジョンが好きな男ばかりだったから。... [続きを読む]

受信: 2005/12/20 00:18

« 慰めのハート | トップページ | ♪Beautiful Name »