« ♪流れる雲を追いかけて | トップページ | ジョン・レノン »

2005/12/07

慰めのハート

祖父の恵みを読んでいる。私にとって、これほど魂に響いた本はいまだかつてない。なぜこれほど心が揺さぶられるのだろうか。私の心を捕らえて離さないものは、一体何なのだろうか。私がこの本に出会ったのは、同じ著者の処女作失われた物語を求めて(キッチン・テーブルの知恵)と同じく、雑誌の連載によってであった。

著者は、1938年生まれのレイチェル・ナオミ・リーメンという、がん患者がん専門医のセラピストをしている女性である。クローン病という難病に16歳のときに侵され6ヶ月間こん睡状態にあり、40歳まで生きることはないだろう、と絶望視されたことのある彼女は、母親の献身的な看護と勇断により、数回にわたる手術を経て再び医療の道を進んだ。奇跡のように。そしてその後その道で大業をなしとげ、元気に今なお活躍している。カウンセラーとして彼女の前で語られた多くの患者の物語をつなぎあわせたのが、『キッチン・テーブルの知恵』である。そのひとつひとつの物語~患者となった人びとが苦難にむきあったとき見えてきた、人間としての深い叡智を紹介する。著者はその物語によって、自らも癒されたのである。

2作目の『祖父の恵み My Grandfather’s Blessins:Stories of  Strength,Refuge,and Belonging』は、ユダヤ教の伝統派のラビであった祖父とナシュメレ(レイチェルの呼び名)が、祖父が彼女が7つのときに亡くなるまでの間、宗教を嫌っていた両親から隠れて密かに二人で語り合った教えが、彼女の人生にどれだけ深く影響を与えたかが書かれている。一時期医療の道を進むことで、人間の叡智から目を背け、科学的にいかに病気や患者と対応するかに目を奪われていた著者が、やがて主に癌という病のために、傷や悲しみ・失望・喪失を体験した人びとがそれとどう向き合っていくかということにかかわり、やがて祖父に教えられた人生の深い真実に向き直っていくことになる。

私は連載された物語の中でも、特に印象的だった「ハートを握りしめて」を再び読んでみた。そしてまた、心が揺さぶられたので、ここにそのエピソードを紹介したいと思う。

アメリカのワシントン州タコマに、ブリッジスという団体がある。そこは、死別を体験した子どもたちに手を差し伸べる事業をしていて、ポケットに入れることの出来る大きさのハート~慰めのハート~を作リ子どもたちに贈り続けているというのである。そのハートはボランティアによって、ベロアかベルベットでさえあれば、どんな古着からでも作られるという。そして贈られた柔らかいハートを握りしめて、子どもたちは悲しみを味わい、そのハートをなでて愛されていたことを思い出し、自分たちも愛することができることを知る。子どもたちは必要な限りそのハートを持っていて、死別の悲しみに打ち倒されそうになったとき、ハートの柔らかさに慰めを見出す。そして、今度は困難なときを過ごしているほかの子どもたちに、そのハートをあげることもあるのだという。また、両親が離婚したときにある女の子はハートを父親にあげた。またある男の子は、学校の先生が小さな息子を亡くした時に、自分の持っていたハートをあげたという。このように、悲しむ自由を持てるとき、私たちの喪失は自然に思いやりに変わるのである~。

私はこの話が忘れられなかった。数年前病を得て入院をしたとき、私は子どもたちと離れ、孤独だったし不安だった。病室を訪れてくれる人と話をするのが慰めだった。それはときには見舞い客であり、毎週訪れてくれる牧師であり、ときには医師であり、ときには同じ病院に入院している患者だった。私の枕元には、聖書と讃美歌のほかに数冊の本と、この話が掲載されていた雑誌があった。ある夜当直の看護士がこの雑誌が並べてあるのを見て、私もこの雑誌昔読んでいたわと言って、一晩の約束でその人は借りて帰っていった。そして私が感動したといったこの記事を読んでくださったのだろう。次の日看護士は私に、お礼にこの本をさし上げるわと言って、一冊の本をくださった。ライフ・レッスンというその本も、その思い出と共に、以来私が大切にしている本である。

追記(2011.4.10)

東日本大震災のあと、慰めのハートへのお問合せが増えました。個人的にお持ちだった方から、昨日型紙をとらせていただき、大きめの手の型のサイズ、女性の普通の手のサイズ、子どもの手のひらサイズの型紙をアップしますので、ご利用いただけたら幸いです。 【お子様サイズ】 Img_0716_2 【普通サイズ】 Img_0716 【大きめサイズとの比較】 Img_0718

|
|

« ♪流れる雲を追いかけて | トップページ | ジョン・レノン »

コメント

ののかさん、お誕生日おめでとうございます!

こちらでご紹介してくださった本、とても興味がありますので読んでみたいと思います。
ところで、以前書かれていた「夜と霧」ですが、私はこの本、とても読みやすく感動しました。
それで思ったのですが、ののかさんは旧版をお読みだったのではありませんか?2002年発行の池田香代子さんが訳された新版はとても読みやすいですよ。
入院されたことがおありなのですね。
今はご健康でいらっしゃるご様子ですが、くれぐれもご自愛くださいね。

投稿: ミント | 2005/12/09 13:33

ミントさん、コメントありがとうございます。
そうなんです、『夜と霧』は旧い訳ですね、私の本棚に並んでいるのは。新しいのが読みやすいのでしたら、やっぱりトライしてみますよ。情報ありがとうございます。

病気のほうは、通院する日が週単位から月単位へ、それから段々季節ごとという風に間隔があいてきたので、もう大体元気です。それにしても、病気にはなりたくなかったけど、人生思い通りにならないってことがどんなに悲しく悔しいことなのか、よくわかった経験だったと思っています。無理はしないようにしているのですが、温かい慰めのメッセージ心に浸みます。ありがとうございます。

投稿: ののか | 2005/12/09 22:16

慰めのハートの感動的なお話がこころに染みました。本を購入する予定ですが、これからの注文なので、ののかさんのブログの一節を用いて、私の授業の中で話をさせていただいていいでしょうか?
色彩心理の授業のセラピーを扱った場面で、
(明日なのですが)五感のセラピー体験をしようと思っています。触る…ということで、ふわふわの紙粘土を使おうと思っているのですが、実例としてとても良いお話なので話せたら~と思います。

投稿: ローズマリー | 2006/03/03 13:29

ローズマリーさんへ。
私の文章では正確ではないかもしれませんが、
よい話だと思うので是非どうぞ。

本のほうがより感動的です。
それはどうぞあとからゆっくりお楽しみくださいね♪

投稿: ののか | 2006/03/03 18:02

ののかさん、有難うございました。慰めのハートのお話に皆聞き入ってくれました。このお話に共通する事に心当たりがありましたのでとてもこころ引かれるものがありました。
近くにキリスト教関係の本屋さんがあるので、行って見ようと思います。 

投稿: ローズマリー | 2006/03/05 00:41

ローズマリーさんへ。
本屋さんはいいですよね。
私もときどきふら~っと立ち寄り、
思いがけないいい出会いがあるとわくわく嬉しくなるのです。
よい出会いがありますように♪

投稿: ののか | 2006/03/05 18:24

ののかさん、引っ越して来たものです。まだ慣れていませんが、時々お邪魔したいと思います。よろしくお願いいいたします。

投稿: マグノリア | 2010/02/22 10:16

マグノリアさま。

お引っ越ししたてだと何かと慣れないことも多いかと思いますが、ぼちぼちやってみてくださいね。

こちらこそ、どうぞよろしく。

投稿: ののか | 2010/02/22 17:22

sweat01大変失礼しました。よろしくです。

投稿: マグノリア | 2010/02/22 18:17

早速お気に入りリストに載せさせていただきました。

どうぞよろしくお願いします。

投稿: ののか | 2010/02/22 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/7497158

この記事へのトラックバック一覧です: 慰めのハート:

« ♪流れる雲を追いかけて | トップページ | ジョン・レノン »