« ♪Beautiful Name | トップページ | エビチリ »

2005/12/10

きむらよしお『ぺこぺこライオン』

きむらよしお『ぺこぺこライオン』は、定期購読している福音館のこどものともで今月渡された一冊。届いた!と娘が喜んだので、寝る前に読んでみる。

一匹のライオンが、朝日と共に目覚める。離れたところで緑のらくだが、目が覚める。そして果てしない闘いが始まるのである。おなかがぺこぺこのライオンと、それから逃げるらくだ。ユーモラスに描かれた追いつ追われつの戦いは、決着がつかないまま夜を迎える。疲れたライオンとらくだは眠り、また朝が来る…。

面白くって面白くって、子どもたちと私は大笑い。大平原に太陽が昇って、眠っていた風も目を覚まして、平原に吹き渡る。そういう風景が自然と目に浮かんでくるようだ。最後に、「この作品は、『優雅で感傷的な日本野球』(高橋源一郎著 )に発想のもとを得てできあがりました」と書いてある。いつの日か読んでみようと思った。

|
|

« ♪Beautiful Name | トップページ | エビチリ »

コメント

私もこの本を本屋さんで手にとって買ってしまいました。娘(子どもではありませんが)といっしょに本屋さんでくすくす。絵もおもしろいし、なんだか笑えてしまいますよね。「優雅で感傷的な日本野球」の意味が私も???だったのです。読んだらまた教えてください。

投稿: マーガレット | 2005/12/12 17:07

マーガレットさん、こんばんは。
ご存知の方がいらして、嬉しいです。
この本、かなりの名作だと思います。
絵も色も文も、いいですよね。
本のほうは、結構抽象的な感じがして、
私には難しいかもしれないですけど、
探してみます。
芸術家というのは、イメージで作品をふくらまして
つくるものなのだなあと、
創作について考えさせられました~。

投稿: ののか | 2005/12/12 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/7548784

この記事へのトラックバック一覧です: きむらよしお『ぺこぺこライオン』:

« ♪Beautiful Name | トップページ | エビチリ »