« お兄ちゃんに感謝 | トップページ | 映画 日本国憲法 »

2006/02/27

はせがわくんきらいや

はせがわくんきらいや
長谷川 集平著
ブッキング (2003.8)
通常24時間以内に発送します。

|
|

« お兄ちゃんに感謝 | トップページ | 映画 日本国憲法 »

コメント

この絵本をとりあげてくれて、ありがとうという気持ちです。
たくさんの方に読んでいただきたい作品です。コレから先も、何度も読み返す作品だろうと思います。
「はせがわくん、きらいや」を読むと、いまでも胸の奥がじ~んとなってしまうワタシです。
(や)

投稿: 山猫編集長 | 2006/02/27 10:56

山猫編集長さんへ。
この絵本とはあるブログの紹介記事で出会いました。以来心にひっかかっていました。
是非子どもと一緒に読んでみたいと思い、このたび図書館で借りてきました。

子どもたちの感想は、「可哀想~」でしたが、私は「キライ」という言葉にこめられた愛情を感じました。
トラックバックしていただいた記事を読んで、なるほど~そうか~
としみじみと心に迫るものを感じました。
本当に素晴らしい絵本です。

絶版から再出版へ、この絵本を大切にしている人たちの願いや祈りが届いた動きに、
更に感動しています。
トラックバック・コメントありがとうございました。

投稿: ののか | 2006/02/27 21:06

ワタシの記憶では、この絵本は2度再出版されていますので、出版社が変わり計3回の出版がされているんですね。
この絵本の評価はそれだけにむずかしく、熱烈なファンもいることは確かなのですが、一般に受け入れられてきたというわけでもありません。
ですが、この絵本には何か言い知れぬ『力』を感じてしまいます。
「はせがわくん きらいや」が「だいすきやで」と聞こえてくるような気がするんですね。
--(や)--

投稿: 山猫編集長 | 2006/02/28 08:48

編集長さんへ。

>一般に受け入れられてきたというわけでもありません

そうかもしれません。当事者が読んだら不愉快かもしれません。
けれどもわたしは編集長さんの

>「はせがわくん きらいや」が「だいすきやで」と聞こえてくるような気がするんですね。

このコメントと同感です。絵本にこめられた思いを、字面どおりに受け取って欲しくはないなあと思います。

投稿: ののか | 2006/03/01 05:45

 はじめまして、“長谷川修平”と“立浪草”に惹かれて書き始めちゃいました・笑。
 長谷川修平の『トリゴラス』が、私は好きでした。立浪草も。
 「読者登録届け」(笑)と、言うことで、よろしくお願いします。(笑)
  

投稿: 猫楠 | 2006/04/28 08:41

猫楠さん、はじめまして。『トリゴラス』ですか?今度探してみますね。タツナミソウで気に入っていただけて、嬉しいです!!
読者登録、ありがとうございました♪

投稿: ののか(猫楠さんへ) | 2006/04/28 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/8857112

この記事へのトラックバック一覧です: はせがわくんきらいや:

» 【13】「はせがわくんきらいや」長谷川集平さく [【号外】やまねこ新聞社  ]
2003年に再々刊行された、熱烈なファンを持つ長谷川修平さんの絵本だ。 何度、読み返しても、黒一色の墨絵の魅力と素朴な言葉のチカラに圧倒されてしまうのだ。 [続きを読む]

受信: 2006/02/27 10:57

« お兄ちゃんに感謝 | トップページ | 映画 日本国憲法 »