« 「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | ナスカ展に行きたいなあ »

2006/05/05

こどもの日

今日はこどもの日。ずいぶん前に予定していた、サントリーホール「こどもの日」コンサートへ出掛ける。うちの子どもたちは、サントリーホールのような本格的なコンサートホールは初めてだったので、大感激。ホールのシャンデリアにまずうっとり、パイプオルガンにびっくり…。コンサートの始まる前に、子どもたちが楽器を探検して演奏してみる企画があり、わが子はオーボエに挑戦。おお、音色はさておき、音が出た。何事も、経験だ。

コンサートが始まると、スターウォーズにハリー・ポッターと、子どもたちの喜ぶ映画音楽の曲がずらり。ハリー・ポッターの初めに登場する楽器で、チャイコフスキーの金平糖の踊りでも登場するチェレスタという鍵盤楽器は、素敵ないい音であった。娘はアラジンの曲を、場面ごとに私に教えてくれる。それから、会場一同は、オーケストラと一緒にキラキラ星を演奏した。その後、映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の_1_img_0020 テーマが_1_img_0021 出ると私は胸がきゅうんとする。そして、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」、エルガーの「威風堂々」。楽器がいろいろ大活躍で、本当に面白かった。パイプオルガンの出番もあったし。私はやっぱり、やるなら打楽器と思った。かっこいいもんなあ。コンサートの最後の最後には、映画「となりのトトロ」の「さんぽ」をオーケストラをバックに合唱し、楽しいコンサートは1時間で終わった。指揮者の金聖響さんは、ぺ・ヨンジュンのコンサートで振ったり、映画に出たりで人気があるらしい。確かに、かっこいい。指揮者は、見た目も大事だなあ。さわやかな、大阪のおっちゃん(おにいさん?)という印象であった。

そのあと、TBSまで歩いて、ウルトラマンと記念写真。_1_img_0027 _1_img_0026 私は、ウルトラマンメビウスは話がわかりにくくて、ちょっと?なんだけど、ウルトラマンマックスは大好きだったから、なんだか子どもたちも嬉しそうで、よかったなあと思った。TBSラーメンを食べ、ショップで買い物をし、さて、このまま家に帰ればよかったのだが、欲張って東京国際フォーラムまで足を運ぶ。そこではただいま「熱狂の日」音楽祭2006モーツァルトと仲間たちを開催中。兄がコンサートチケットの半券を持っていたので、それを貸してもらって只で入場。いろいろなブースを回ったり、コンサートを聴いたり。目当ては子ども向けのイベント(CDケースへお絵かき&楽器を作ってみよう工作コーナー)だったが、整理券がとれず断念。あとは疲れて居眠りしながら、家に帰る。

今日の企画をコーディネートしてくれた兄から、こどもの日のプレゼントは、この本。

モーツァルトへようこそ
イエジ・ボトルバ絵
小学館 (2006.4)
通常24時間以内に発送します。

娘はDVDをもらったのだが、赤ちゃん向けのモーツァルトだったので、ちょっとがっかりしたみたい。もう小学生だから。大分大きくなったと思ったけど、今日のコンサートでは、後半飽きたみたいだから、間を置いてまた今度、素敵なホールに連れて行ってあげたいなと思った。バレエなんかも、いいかもしれない。

ということで、GWのお出かけは今日で最後。明日、あさっては、家の周辺で我慢してもらおう。もうママには、体力も金力も、残っていないのよ、こどもたち…。

|
|

« 「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | ナスカ展に行きたいなあ »

コメント

こちらでは、初めまして。
僕も昨日は国際フォーラムに行って、モーツァルトを聴いてきました。
もしかしたら、すれ違ってたかもしれませんね。
三歳児からの入場可ということで、子供連れのお母さんがたくさん見えてました。
演奏中泣き叫ぶ子供を抱いて、お母さんも泣く泣く会場を後にする姿を多く見かけました。
子供を持つって大変・・・
子供だから演奏中、泣いたり騒いだりするのはしょうがありませんよね。
それよりも、大人たちのマナーの悪さには目にあまるものがありました。
演奏中みんなが音楽に聴き入ってるところ、コンビニの袋をガシャガシャいわせながらズカズカ入ってきたり、なんと鼾かいて寝てみたり・・・
このような大人たちの姿を目にするたびに、日本人の程度の低さを呪いたくなります。
ののかさんのように、お子様が小さなうちから、いろいろ連れて行って、楽しみながらマナーを学ばせることは、本当に大切なことだと思います。

投稿: 風船 | 2006/05/06 12:31

風船さん、こんばんは。コメントありがとうございます。おお、あの会場にいらしたのですね。すれ違っていたかもしれない…ドキドキ。

さて、風船さんのおっしゃる大人のマナーの悪さ、私も気になったのですよ。こちらは子連れですから、聴いている人がいるのだから、静かになさい、とか、背をかがめて歩きなさい、とか、いろいろ注意しましたが、場の雰囲気を読むということが、何より大事だと思いました。こういう感覚は、親が子に伝えるというよりか、持って生まれた人ともって生まれなかった人の差が出るのかな、とも思います。難しいですね。

うちは、常々教えているので、解ってくれてると思うんですけど、どうでしょう…。

投稿: ののか | 2006/05/06 21:09

こんばんわ。
GWは心身共に休息出来ましたか?
本文とは離れていきますが「TBSラーメン」って、どんなモノなんでしょうか?百万遍の大学の「農学部ソバ」みたいなモンなんやろかと想像は限りなくふくらんでいます。

投稿: sada | 2006/05/08 02:01

sadakichiさん、コメントありがとうございます。
TBSラーメンはですね、食堂で食べたんですけど、
普通のラーメンにチャーシューが6枚とおいしいゆで卵(醤油につけたみたいなも)が載っていましたね。
卵が美味しかったです…。確か、550円也。

投稿: ののか | 2006/05/08 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | ナスカ展に行きたいなあ »