« 『ふしぎなたまご』 | トップページ | だらだらとした土曜日 »

2006/06/30

HOTEL ASIA / S・E・N・S

私がS・E・N・S(センス)と出会ったのは、1989年の台湾映画「悲情城市」。それまで、サウンドトラックを購入したことなど無い私だったのに、映画館ですぐに買い求めた。以来、落ち着いた気持ちになりたいときに、このCDは活躍する。

以来、S・E・N・SはNHKの教養番組のテーマ音楽や、恋愛ドラマなどに音楽をつけてきた。薬師丸ひろ子と内野聖陽(二人っ子の森山さんだった役者さん、ついに結婚してしまうのね…来年は大河ですね…)の「ミセス・シンデレラ」もサントラ持ってるなあ、そういえば。大好きな韓国ドラマ「美しき日々」でも、♪Remembering Meが使われていた。「あすなろ白書」のこの有名な挿入曲は、ドラマの随所で活躍した。イ・ビョンホンとチェ・ジウが手を繋いで海辺を走ったりする明るい場面で。今年の正月のTBSドラマ「里見八犬伝」のメインテーマも、記憶に新しい。心に残る、名曲だと思う。

さて、今日我が家に届いた新作「HOTEL ASIA」には、1曲目に「里見八犬伝」のテーマ、5曲目にNHK時代劇「柳橋慕情」のテーマが入っている。ゆったりと情緒豊かで、心が打ち震えるようなメロディー。この5曲目が、なんといっても聴きたかったの、私は。

これからしばらく私は「柳橋慕情」のおせんちゃんになって、この曲を聴きながら光る川面を眺めて柳の下にたたずもう。心は江戸へ。切ない切ない恋物語のヒロインに、なりきろう。

|
|

« 『ふしぎなたまご』 | トップページ | だらだらとした土曜日 »

コメント

yuzukiさんへ。

>私は、特に「Forbidden love」が…
愛する武さまのドラマの主題歌です

おお、そんなによいのですか。調べてみます。
そうかそうか、ピアノで爪弾くっていいですね。
私も楽譜を探して、やってみよう!

投稿: ののか | 2006/07/01 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/10735879

この記事へのトラックバック一覧です: HOTEL ASIA / S・E・N・S:

« 『ふしぎなたまご』 | トップページ | だらだらとした土曜日 »