« チョン・ウソン | トップページ | お客さんがやってくる! »

2006/08/01

花火の見物

8月1日は、恒例の横浜のみなとみらい21での花火大会。浴衣姿の人びとが、みな駅に向かっている。電車もきっと、混雑するのだろう。今日はあまり暑くない。涼しいくらい。すっきりしない空模様なので、我が家からは例年のようには遠花火で楽しめそうにない…。

そういえば先週髪をカットに行ったとき、美容師さんがドラマの「結婚できない男」の話をしていた。阿部寛が1人で花火見物するところを、面白がって話してくれた。私もたまたまドラマのその回を見たので、打ち上げ花火の種類に薀蓄を傾けるシーンを見て、「へ~そうなんだ~。」って感心したことなどを話し合った。。

今まで花火は、ああきれいだなあ思うだけだったけど、その後隅田川花火大会のテレビ中継で、「きゃ~きゃ~」若いママタレント(女優)が騒いでいるのを見てあまり共感できず、テレビを見た後、今までのわが身はどうだったかなあと反省したりした。子連れだと、つい大騒ぎになってしまうものなのはわかるのだけど、なぜか冷ややかに見てしまったのだ、この間の私は。

今日の私は、江戸の頃の夜は暗かったから、花火が今よりずっと明るくなくても、そしてみなオレンジ色だったとしても、さぞ人びとは楽しみにして楽しんだのだろうなあ、と思ったりする。打ち上げる数だって、まさか現代ほど多くは無いだろう。今はうんざりするぐらい打ち上げて、見物客の首が痛くなっちゃうほどだ。さあ、今日の花火は、江戸情緒のたっぷりなころの昔風ではなくて、思い切り今風の乱れ打ちあげ花火大会の様相。ビールを飲んだらぶるぶる震えてしまいそうな夜だけど、仲間と出かけた人々は、きっとよい思い出をつくって帰るんだろうねえ。

|
|

« チョン・ウソン | トップページ | お客さんがやってくる! »

コメント

ののかさんのおうちではお出かけしないんですか?
横浜の花火大会となると、さぞかし混雑するんでしょうね。行かない方がいいかなぁ。。
さすがにねじっこは江戸時代の人間ではありませんが(笑)、娯楽の少ない頃の生まれなので、花火大会はずいぶん楽しみでした。夏のたったひとつのイベントでしたもの。
あの頃の気持ちでもう一度眺めたいと思いますね。

投稿: ねじっこ | 2006/08/01 19:50

yuzukiさん、こんにちは。
そうですか~阿部君のファンですか。
ん~、いい男なのに、あのドラマではいやみったらしい役をやっていて、全然かっこよく見えないから面白いですよね。
カメラで花火は、本当に難しそうです。

投稿: ののか | 2006/08/02 07:13

ねじっこさんへ。
私も、小さい頃はこの高台から、今日は○○川、今度は▼▼川の花火だね~というふうに、花火大会のたびに遠花火を楽しんだものでした。
今は感激が薄れてしまったようで~寂しいですよ。

投稿: ののか | 2006/08/02 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/11184526

この記事へのトラックバック一覧です: 花火の見物:

« チョン・ウソン | トップページ | お客さんがやってくる! »