« 柿 | トップページ | 季節を楽しむ »

学校になぜ行かなければならないか?

この頃こどもたちが、学校がつまらないと言う。なんで行かなきゃならないのかわからないと言う。つまらない理由を聞くと、いろいろ出てくる。どれもこれも、なるほど、それなら行きたくなくなるのもわかるなあという理由である。もちろん我慢しなければならないのだが、我慢するのが辛いから家では不満を漏らす。

特に上の子は本当にしんどそうなので、それなら学校カウンセラーにでも相談したら良いかもしれないと思って、夜になってから学校に電話した。そうしたら息子を2年前に受け持ってくださった先生の声が電話口から聞こえた。そして、懐かしがって親身に話を聞いてくださった。「そうか~、そうなんだ~。お母さん、お母さんはさっきから親ばかなもんで心配で、って話してるけど、それって大切なことなのよ。子どもが話した話を一生懸命一緒に考えてあげるとね、子どもは受け止めてもらったと思うわけよ。それでそれを今度はお母さんがこうやって学校に電話して相談してくれるわけだから、今度は私たちがお役に立てるわけだし。そのために学校はあるんだから、いいんですよ親ばかで。」こんな調子だったので、育児不安に陥っていた私はとりあえず気分が大分楽になった。

息子の方はため息をついて、今日も眠る前にひとしきり学校が辛いと話している。私は、「○○先生が力になってくれるから、きっと大丈夫だよ。だから、仮病で保健室に行くのは嫌だから本当に病気になる!って頑張らなくてもいいのよ。あなたが病気になったりすると、私本当に心配しちゃうから、保健室行きたければ堂々と仮病つかいなさい!」なんてヘンなことを息子に話したりする。それでも息子は、堂々と病気になって保健室に行くことを本気で考えているのである。そして今日も、私の手をしっかり握って眠りに落ちた。

この子が行き詰っているのは、何が原因なのだろう?私には思いあたることはいくつかあるが、私が知らない理由がきっと彼のどこかにあるのだろう。彼が意識しているか否かは不明だが。私はそれを見つけるために、息子いわく「原稿用紙に5枚くらいはまずなんで嫌になったかの経過を書くことができる」そうなので、やってみたらいいと思うし、専門家にそこらへんの心の動きをなぞる手伝いをしてもらうのも良いと思う。そうして「休みたければ休めばいいよ。それで横になってさ、夏目漱石でも読んでるほうが、ずっといいことあるかもしれないよ。」と思ったりもするのである。まあ、休まれると家での世話が面倒だから、学校へ行ってくれるほうが安心には違いないが、もっともっと大きくなってから人生の道に迷ってしまうより、小さいうちから悩んだほうがいいに決まっている。それは理解できるのである。悩むことで、自分が見えてくるに違いないのだから。みんな悩んで大きくなったんだから。

« 柿 | トップページ | 季節を楽しむ »

コメント

yuzukiさん、おはようございます。随分早起きですね。えらいな~。

下のお子さんとyuzukiサンのお話を教えてくださってありがとうございます。休みたくなる日は誰にでもあるとは思うけど、「休みたい」と安心して言えるってのは、大事なんだなあと、読みながら思いました。

>翌日からはまた元気に、、、
これはなによりです。

我が家の息子も安心して心の重しを下ろすことが出来たらいいなあと思いました。

投稿: ののか | 2006/09/26 06:55

ののかさん、それは心配ですね。
娘は中学のとき、しょっちゅう頭が痛くなって休んでいました。おかしいと思っていましたが、あとでズル休みだったということがわかりました。親にはいいたくなかったところが、ののかさんの息子さんと違いますが、多くの子どもが、息子さんと同じように行きたくない気持ちを抱えているということを、教えてあげるのもいいかもしれません。
あまり深刻に考えずに、「そんなこともあるさ~」と、気分転換できるといいですね。

投稿: ミント | 2006/09/26 14:34

ミントさん、こんにちは。
息子はカウンセラーの先生に保健室で話しを聞いてもらって、昨日の寝る前に「ほっとした~。」と言って一晩休みましたが、
今朝になってまた「行きたくない~。」。
今日はどうやら保健室で過ごしたようです。

投稿: ののか | 2006/09/27 15:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/12042350

この記事へのトラックバック一覧です: 学校になぜ行かなければならないか?:

« 柿 | トップページ | 季節を楽しむ »