« 玉虫の思い出 | トップページ | 夏の庭 »

2006/09/04

読書の秋

日中はまだまだ暑いけれど、朝晩は涼しく虫の音も聞こえてくるようになった。見上げれば、美しい月。中秋の名月も、あと何日かである。

今日は久しぶりに、病院へ行った。片道一時間半の道のり。自宅から駅までは、ウォーキング。夜に毎晩このところ50分歩いているが、娘がその間おばあちゃんとお留守番するのが寂しいというので、仕方ないから今日は昼間のうちに歩いておくことにした。電車に乗って、読書。3冊読みかけの本がある。病院の待合室でも、読書。結局読み終わったのは、この2冊。

「やさしさ」と「冷たさ」の心理
加藤 諦三著
PHP研究所 (1993.11)
通常2-3日以内に発送します。

墜落遺体
墜落遺体
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9. 4
飯塚 訓〔著〕
講談社 (2001.4)
通常2-3日以内に発送します。

もう一冊は、随分前から読み終わっていない、この本。まだペースがのってこないんだなあ。

日の名残り
日の名残り
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9. 4
カズオ・イシグロ著 / 土屋 政雄訳
早川書房 (2001.5)
通常2-3日以内に発送します。

やはり、1人で自分の世界に没頭できる電車や待合室は、読書にはぴったり。あさってまた電車に乗るので、『日の名残り』を読み進みたいものである。

|
|

« 玉虫の思い出 | トップページ | 夏の庭 »

コメント

ののかさん、こんばんは!

病院までの遠い道のり、お疲れ様でした。
待合室で読書に没頭できる様子、私としては安心します(不謹慎な発言で申し訳ありません)。
その・・・精神的には安定してる・それは素晴らしい事だと言う意味です。
ののかさんは、精神的には元々安定している、と言う事は理解していますので、どうぞご勘弁くださいね(^_^;)。

投稿: かおちゃん | 2006/09/04 19:31

かおちゃんへ。あの~安定していたら、病院に行かなくてすむんですよ~。不安定だと思うんですけど、自分では。。

「あなたはもう大丈夫。」ってお医者さんもそういえばおっしゃってましたね。素直に喜んじゃおうっと。どうもありがとう!

投稿: ののか | 2006/09/04 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/11759654

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋:

« 玉虫の思い出 | トップページ | 夏の庭 »