« 夏の庭 | トップページ | 『おっきょちゃんとかっぱ』 »

2006/09/06

おぎゃあ

今日の夕食は、栗ご飯。夕方母と栗を剥きながら、遠い昔に思いをはせる。幼い日、母が器用に栗を剥くのを感心しながら眺めたことを思い出す。栗を剥き終わってこどもたちのところへいってみると、娘が頭が痛いと言っている。熱は測ったが、平熱だった。急に涼しくなったので、体調をくずしたのだろうか。元気がないので可哀そうに思い、娘をだっこしてお話をしてあげる。題名は、「栗太郎」。内容は桃太郎と同じだけれど、私が工夫したところは今日の話題にあわせて…。

「おばあさんがその栗を割ってみると、中からタマのような赤ちゃんが産まれて、おぎゃあおぎゃあとおっしゃいました。」

一同、爆笑。

さて、炊き上がった栗ご飯はおいしく、豚汁も上手に出来たので、身体がほかほかあったまった。今日はこれから早く休んで、明日に備えたいと思う。

それにしても今日だけでなく、これからしばらくご出産のメデタイ話題で世間ではもちきりになるのだろうな。

|
|

« 夏の庭 | トップページ | 『おっきょちゃんとかっぱ』 »

コメント

ののかさん
またまた爆笑してしまいました。私も使ってみようっと。

この人だけではなく、世の中の子どもがすべて幸せな子どもであってほしいと願います。虐待されたり、酔っ払いに殺されたりしないように、子どもをもっと大切にする世の中であってほしいと願います。

投稿: マーガレット | 2006/09/07 20:54

マーガレットさんへ。

そうですね、たった一人の赤ちゃんが今は注目されていますけれど、切なくなるような子どもをとりまく事件が多いですから。
子どもたちが、安心して暮らしていける世の中であって欲しいと、私も願います。

コメントありがとうございました。

投稿: ののか | 2006/09/08 04:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/11786995

この記事へのトラックバック一覧です: おぎゃあ:

« 夏の庭 | トップページ | 『おっきょちゃんとかっぱ』 »