« ♪カルミナ・ブラーナ | トップページ | 秩序なき日曜日 »

2006/11/18

ミミズ日和

昨日の朝出かけるとき、ガレージのコンクリートの上でうねうねとくねっていたのはミミズ。11月だというのにミミズ?と一瞬思ったけれど、忙しかったのでそのまま通り過ぎた。

その後自転車で図書館へ急ぐ途中、私の気に入っている緑の道に続く坂を降りていくと、土の上にもう一匹ミミズを発見。「今日はよくミミズを見かける日だなあ。」と私は思った。

夕方になって家に帰ると、ガレージのミミズは干上がっていた。気の毒なことだが、犬や猫とは違うのであまり同情するでもなく、私は淡々と通り過ぎた。小さい頃夏の芝生の上で干からびたミミズを見るたびに、ビーフジャーキーを連想してしまい、美味しいのかなあなんて考えたりしたことを思い出す。そういえば、ミミズは冬はどうするのだろう?寒くなったら死んでしまって、また春になると土の中でミミズの卵が孵るのだろうか?

そんな風にミミズについて考えたことを、忘れないように今日になってここに書きとめた。ということで、この話はここでおしまい!

|
|

« ♪カルミナ・ブラーナ | トップページ | 秩序なき日曜日 »

コメント

yuzukiさんへ。私はあの干からびたミミズを、かじってみる勇気はいまだにないんですが、煎じてみたいという好奇心がずっと昔からあるのです。ヘンですかね~^^;。

投稿: ののか | 2006/11/19 09:18

ののかさん、おはようございます!

ミミズ・を見ると「あっ釣り餌!」と思ってしまう・・・・・けっして商売しようと言う訳ではありませんよ。
そうですね・・・冬はどうするんでしょうね?
もしも煎じましたら、感想・私もお聞きしたいです(^_^;)。

投稿: かおちゃん | 2006/11/20 09:03

yuzukiさんへ。
ヴァイオリン職人が、ミミズの粉をヴァイオリンに塗って工夫したら、いい音が鳴るようになったというような話を聞いたことがありますが、人体に入るとどうなるのでしょう。
怖くてできないけど、家に「千と千尋…」の釜爺が持っていそうな薬屋さんのごりごりする道具があったら、やってみたいです…。

投稿: ののか | 2006/11/20 10:11

かおちゃんへ。
おお、釣りではミミズを餌に使うのですね。うねうねしていて気持ち悪いなあ~でも、いい魚が釣れそうです。
ミミズの生態について書いた蚊学、じゃない、科学絵本を読んだことがあるのですが、詳細は忘れてしまいました。何という題名だったか?
『ポットくんとミミズくん』だったような…。今度再び探してみましょう…^^;。

投稿: ののか | 2006/11/20 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/12732905

この記事へのトラックバック一覧です: ミミズ日和:

« ♪カルミナ・ブラーナ | トップページ | 秩序なき日曜日 »