« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

SUBWAY

アメリカ帰りのうちの教会の牧師がファーストフードのSUBWAYのファンで、「一度行ってみて!」といろいろな人にすすめている。具を自由にはさむことができるので、楽しいのだという。ちょうどおりしもゴールデンウィーク。私は家の近所をいろいろこどもたちと探検している。といっても近所にそうそう珍しいところがあるわけでもなく、子どもたちはそろそろ飽きてきていた。それでは今日は、牧師先生おススメのSUBWAYに行ってみようということになった。

店に入ると、初めての子どもだってわかりやすいメニューなので、すぐに注文できた。そして店員が目の前でパンを切り、具を挟む。「オリーブは抜いてください。」という注文も自由にきいてもらえるし、「ドレッシングはどれにしますか?」と選ぶ楽しみもある。サイドメニューのポテトはいろんな味があって、子どもたちは安心&わくわく。

食べ始めると、娘は小声で「マクドナルドの10倍おいしい。」とつぶやいた。よかったわ~子どもたち喜んでいる、と胸をなでおろした私。息子は夜になるまで「SUBWAY美味しかった。」と感激していた。私のつくった料理に感激するみたいに。。。

今晩のメニューも悪くないのにな~SUBWAYほどの感激はしてもらえず、ちょっと寂しい私であった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007/04/28

スズラン

スズランが咲いた。

スズランは、清楚で美しい。

ひっそりと咲いている。

しかし何よりも、私が好きなのはその香りだ。

Img_0033_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/04/25

♪たぶんあなたはむかえに来ない

昨晩は、リフレッシュにと借りたDVDを鑑賞。「恋愛適齢期」(←ここをクリック)は、ベテランのジャック・ニコルソンとダイアン・キートンの二人にキアヌ・リーブスが絡む、お洒落な大人のラブ・コメディ。ジャック・ニコルソンのお尻に笑わせてもらいました(^^ゞ。

それでちょっと寝不足の朝だけれど、気分は爽快。ユーミンブランド2を聴きながら、妹を駅まで車で送る。その中の♪たぶんあなたはむかえに来ないは、タイトルから想像するよりはずっと軽快な音楽。「たぶんあなたはむかに来ない、こんな激しい雨~」という歌詞がリフレイン。なかなかよい感じである。テンポのよいところが今日の自分の気分にぴったりで、とても気に入った。

そうそう、人生はなるようになるのよね。毎日をなんとかこうとかやりすごしていくうちに、いつのまにか時間は過ぎてゆく。

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

2007/04/24

晩柑

Img_0029_1 初めて、晩柑(無農薬)を買った。

和製グレープフルーツともいうそうで、とてもジューシーで薫り高い果物。

グレープフルーツの感覚で一つずつ皮を剥いて食べてみたが、実が柔らかかったので崩れやすく、難しかった。どうやら半分に切って、すくって食べるのがよさそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007/04/23

無銭優雅

無銭優雅
無銭優雅
posted with 簡単リンクくん at 2007. 4.23
山田 詠美著
幻冬舎 (2007.1)
通常2-3日以内に発送します。

| | コメント (4) | トラックバック (2)
|

2007/04/22

時をかける少女

昨夏大変評判のよかったアニメの「時をかける少女」を借りてきて観た。評判にたがわずとてもよい映画だったので、爽やかな気持ちになれた。

私は原作も大好きだし、原田知世の映画も大好きだし、ユーミンの主題歌も大好き。だから「アニメでまた映画になるの?」という抵抗感があったけれども、まったく別の作品として仕上がったアニメ版が大成功しているのがわかり嬉しいという気持ちもある。

さて今日は、10時までにこのDVDを返却して、それから礼拝に出席だ。今日は少し走ると汗をかきそうな陽気である。

私は街を自転車で走り回る「元少女」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/04/19

リフレッシュ

昨日化粧品を買い換えた。今日はそれで、少しよい気分で出勤。「あらきれい。」と言われて嬉しかった。けれども、慌しい毎日の疲れがたまっていて、夕方には息切れ。夜にはすっかり落ち込んでしまった私。なんとかリフレッシュしたくて、本を注文。この本はキリスト教の入門書には丁度よいかも。私のよく行く30番地キリスト教会の牧師さんの著書。

信じる気持ち
信じる気持ち
posted with 簡単リンクくん at 2007. 4.19
富田 正樹著
日本キリスト教団出版局 (2007.1)
通常24時間以内に発送します。

そのほか、圧力鍋の料理の本や小説など。このところ本の購入を我慢していたので、リフレッシュにはいいだろう。

でもでも、本が届くまで私は落ち着かない。こんなときは、DVDで映画も観てみたい。落ち込んでいるときに観たら抜け出せるよ!という映画、なんかないかな?今興味があるのは、ハリウッドでリメイクされた「イルマーレ」や、熟年の恋を描いた「恋愛適齢期」などだけれど。。。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2007/04/16

ひよどりを殺したのは誰?

昨日我が家の庭の池で、ひよどりが死んでいたそうな。

母はそれを見つけて驚いて、土を掘って埋めたそうな。

どうしてひよどりは死んでいたのかな?いつもは水浴びをしている池なのに。

まさか鶏インフルエンザ?不吉なことがおこりそうな、嫌な気分。

★タイトルは「こまどりを殺したのは誰?」をもじったもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/04/14

♪夏のお庭

娘が弾いていた曲のタイトルは、♪夏のお庭。自作の曲を弾いて、朝からとても気持ちよさそう。

庭には花が咲き蝶が舞い、アリが忙しく緑の芝生の上で働いている。さあ私たちも、庭に出よう。サツキにチューリップに十二単。タツナミソウにガーベラにすみれがいろいろ。にょっこりはえたキノコの名前がわからなくて、息子は少し残念そう。

アイスティーをいれて焼き菓子を用意し、みんなでお茶を飲んだ。今日はスケッチブックとゲルマーカーを買いに行こう。みんなでお庭で、絵を描こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/04/13

涙の理由

娘からの質問。

「なんで悲しいと涙が出るの?」

私は迷いながらもこう答えた。

「悲しい気持ちをためておくと苦しくなるから、気持ちを涙と一緒に外に出しちゃって楽になるのよ。」

娘の疑問は続く。

「じゃあなんで悲しい気持ちが涙にうつるの?」

私は答えられない。

娘は続ける。

「涙はどこにたまってるの?」

「なんで悲しくなくても涙は出るの?」

ますます私は答えられない。

さあなんて答えよう。時間をもらって、じっくり考えなくてはいけないなあ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007/04/12

ががんぼ

ががんぼがいた。それも、特大ががんぼ。

私はこの昆虫を見ると、無害なのは頭でわかってはいるのだが、とっても怖い。

ガレージで今年初めて発見。ドッキン!!!びっくりしたな~もう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

受胎告知

土曜日に、上野でダビンチの「受胎告知」を見てきた。混雑していたけれど、幸い最前列でゆっくり見ることが出来た。美しい宝物のような絵であった。

帰りに西洋博物館の「すいれん」というカフェで春休みで帰国中の友達と食事。子どもたちもなかよし。私たちも仲良し。

語り合い一緒に遊び、楽しいひと時をありがとう。

上海土産の美顔パックが、これまた嬉しかった(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007/04/11

共感

息子が小学校6年生になった。昨年度は後半不登校になり、本人が一番苦しかったろうが、見守る親もはらはらさせられた。今年度はまだ始まって数日だけれども、きちんと時間通り登校している。

一昨日寝る前に、息子が国語の教科書を見せてくれた。ここを読め!と言う。眠いからあしたね、と断ったけど、今どうしても読んでくれという。見ると、教科書の為に書き下ろしたと思われる重松清の短編である。

「カレーライス」という題名である。ひろしという小学校6年生が主人公で、この子がゲームを30分したらやめるという家のルールを守らなかったために親に注意されても謝らないことをめぐり、母親とひろし、父親とひろしの会話や心理が描かれている。父親に謝れないひろしの気持ちに、息子はとても共感し、その部分を私に読んでもらいたかったようである。

自分が悪いのはわかっていても謝れない子どもの気持ちが、どうして大人なのにこんなにわかるのかなあと、重松清のことを息子はいたく感心している。僕はひろしの気持ちが、すごくよくわかると言う。そんな息子が私にこの短編を読ませてくれたことで、おやこの関係が少し密になったような気がした夜だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007/04/09

アミガサダケ

食いしん坊の私の息子も、やっぱり食いしん坊です。

今息子はきのこに夢中。

おばあちゃんと息子が庭で見つけたアミガサダケについて、こんな記事を書きました(ここをクリック)。

食べるべきか?食べないべきか?そこが問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

♪帰れない二人

このところ、娘は3歳上の近所のおねえちゃんと遊ぶのが嬉しくて仕方がない。髪型もしゃべり方も、みんなそのおねえちゃんと同じ。

昨日はイースターで、朝から教会。おねえちゃんと一緒。6時半に教会に集合。そして一緒に野外礼拝に出て、一緒にイースター・エッグ探しをして、朝ごはんのシチューを一緒に食べて、一緒に礼拝の間子ども部屋で遊んで。一緒に聖餐式のパンとぶどう酒(ジュース)をもらって、お昼は一緒にサンドウィッチランチョンで楽しみ、午後もずっと一緒に砂場なんかで遊んだ。

家にはなかなか戻らない。帰れない二人。

いつまでも仲良しでいたいね。嬉しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/04/06

ラムレーズン

私の好きなアイスクリームの種類は、①ラムレーズン②チョコミント③クッキー&クリーム。そして、おススメだなあと思うのは梅&ハニーです。

アイスクリーム屋さんでラムレーズンがあったら、私は必ず注文します。確かに大人の味でしょ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007/04/04

♪私のお気に入り

今日で子どもたちの春休みは最後。本当は子ども部屋の片付けが最優先だったのに、息子は朝からだらだらと遊んでばかり。娘は友達から誘いの電話があり、午後外遊びの約束。かわりに、昼前にお掃除完了。午後になり娘は出て行ったが、すぐに友達連れで戻ってきたので、私は予定を変更して女の子二人と台所でピクルスづくり。楽しいひととき。。。

その後どうしても買い物に行きたかったので、だらだら息子と女の子二人を車に乗せて、ショッピング。女の子二人はペットショップへ。二人は犬が大好きなのだ。息子と私は、整理整頓のためのカラーボックスをあれこれ見て注文。その後お約束の、たこ焼き屋へ。息子はたこ焼きが、大のお気に入り。掃除に協力するという約束で、私に買ってもらった。その後たこ焼き屋の前に女の子二人もやってきて合流。女の子二人は、ソフトクリームがご所望。ベルギーチョコチョコスペシャルと、ミックスチョコスペシャルを。とても甘そうだが、私は我慢。メニューのちらしをもらって帰った。

家でじっくりメニューを見ると、アイスの種類はいっぱい(ここをクリック)。夜になって子どもたちと、一番好きなアイスは?二番目は?三番目は?とあてっこクイズ。なかなか面白かった。さて、私のお気に入りは何だかわかる?

一番好きなアイスのヒント。大人の味です。二番目に好きなアイスのヒント。子どもは苦手です。三番目に好きなアイスのヒント。クッキーに入れることがあります。番外編。私のおススメするアイスはどれ?ヒントは珍しいです。正解はまたあした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/04/01

ノックの音がした

ノックの音がした…ではじまるショートショート。作者は星新一。星新一は昔大分読んだけれど、なかではこの話が、私には一番印象深い。アイディアに深く感心したものだった。

この作家のことを書いた本が、今日朝日新聞で紹介されていた。

星新一
星新一
posted with 簡単リンクくん at 2007. 4. 1
最相 葉月著
新潮社 (2007.3)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »