« 野の花 | トップページ | すべてのことはメッセージ »

2007/06/21

やりなおしのきく人生

実は昨日は、私とこどもたちが今の住まいに越してきた記念日だった。今日からここでの生活は、5年目にはいることになる。

Img_0019_1

4年前に慣れ親しんだ場所から、のっぴきならない事情があって移り住んだのは、生まれ育った実家であった。~当時の生活からの脱出は私にとって、とてつもなく大きなエネルギーを要する出来事であり、想像をはるかに上回る喪失体験だった。私は何もできなくなり、混乱し、2ヶ月入院して疲れた心と体を休めなければならなかった。ようやく落ち着いて退院が決まったとき、毎週訪ねて話を聞いてくださった牧師が私の聖書に書いてくださったメッセージは、新約聖書のヨハネによる福音書:8章の32節「真理はあなたがたを解き放つ」だった。

それから力を失った自分にできることは、頼ることだけだった。医者や家族、牧師、親しい友人たち、そして行政が、私と子どもたちを支えてくれた。しっかりと私が自分の足で歩いていけるように、道筋はいつのまにか整えられていた。私はその道を、ゆっくりひっそりと歩いた。そうやって今日までやってきた。家族にもこどもたちにも、いろいろなことがあった。私が困難に出会うたびに、必要な助けが与えられた。やがて様々な新しい出会いも与えられ、喜びを持って困難に立ち向かうこともできるようになっていった。

思い返せば10数年前の6月、花嫁だった私は希望に胸をふくらませて、人生の新しいスタートを切ったのだ。何の不安も恐れも、あの頃の私にはなかったと思う。神様を仰ぎ見て共に歩むという誓いを、多くの証人の前で行ったのに、今それを果たせなくなったことは本当に残念である。

不思議なことだが、何かに導かれるようにここひと月の間に膠着していた事態がどんどん動き、とうとう私は役所に婚姻を解消するという届けを出すことが出来た。私は長い間支えてくれた人たちに、それを報告しなければならないが、あまりにも疲れたのでまだ手紙を書く元気がわかない。せめて、ブログを通して、ブログの読者の方々と、私の身の回りの人々にその報告をしようと思い、早起きしてこれを書いている。

私はこれから、子どもたちの親としての養育の責任を負うことになる。実際にはこの4年も、一生懸命一人で頑張ってきたのだが、これからは形の上でもそうなる。4年前よりは少し元気になった私は、これからも周りの人たちに支えられながら、できるだけのことを子どもたちにしてやりたいと思っている。

このところ何度も繰り返して観ていた映画はDear フランキー。本当に心にしみる、いい映画だと思う。人生はやり直すことはできないように見えるけれど、そんなことはないと信じたい。

さあ今日も始まった。子どもたちを起こしに2階にあがるとしよう。

|
|

« 野の花 | トップページ | すべてのことはメッセージ »

コメント

ののかさん、こんにちは。

そういうご事情があったのですね。どんなにかおつらい体験だったことでしょう。人生はやり直すことが出来ると私は信じています。自分自身にその気持ちがある限り。
お子さんたちをお一人で育てていくのはご苦労もおありかと思いますが、あまり肩肘はらずにおやりになってくださいね。ののかさんのお子さん達ですもの、きっとしっかりしたいいお子さん達だと思いますよ。そっと見守る程度のほうが、自立した元気な人間に育っていくと私は思っています。

暑い毎日で、私はちょっとバテ気味ですが、ののかさんもお体に気をつけてくださいね。

投稿: ミント | 2007/06/21 10:04

ののかさん、区切りが一つ付きましたね。本当にお疲れ様でした。
どんなにかしんどい日々もあったでしょうに、よくがんばってこられたと心から感心しています。これからもきっとたくさんの方々が支え、応援してくださいます。神さまも守ってくださいます。
ののかさん、お子さんたちといっしょに元気出していきましょう。また、遊びましょうね。

投稿: マーガレット | 2007/06/21 16:11

ミントさんへ。
そういえばミントさんとのご縁は、「Dear フランキー」がはじめでしたね。

いつもお花の写真に慰められています。
これからもどうぞよろしく。

投稿: ののか | 2007/06/21 20:48

マーガレットさんへ。

コメントありがとうございます。
今はまだばたばたしていますが、時間が出来たらまたデートしてくださいね。

投稿: ののか | 2007/06/21 20:50

やりなおし。そうですね。やり直せると信じましょう。私もやり直したいな。

そういうことだったのですね。お疲れ様でした。とにもかくにも区切りがついてよかったですね。
これからは平穏な日々が続きますように。

投稿: トマス | 2007/06/21 23:00

トマスさんへ。
三十番地の牧師さんの近著の中からタイトルを拝借しました。
「人生はやり直しがきくのです。」
なんと慰めに満ちたメッセージでしょうね。ありがたいですね。

コメントありがとうございました。

投稿: ののか | 2007/06/22 00:29

ののかさん、本当にここまでよくがんばって来られましたね。これからもまだまだがんばらなくてはならないのかもしれませんが、ひとつの束縛から放たれたということだけでも、良かったです。何よりです。いつもいつも応援しています。
 また、マーガレットさんとご一緒にお会いしましょう。

投稿: まざあぐうす | 2007/06/22 14:13

まざあぐうすさんへ。

コメントありがとうございます。
またよい本があったら教えてくださいね。

投稿: ののか | 2007/06/23 05:58

ひょっとして上の絵はノアの虹ですか?

投稿: トマス | 2007/06/24 22:38

古い自分を脱ぎ捨てて新しく生まれ変わることが出来ると知っているのって、なんと幸せなことでしょう!!日々新たにされている!明日の朝目覚めたら、また新しい時間を生きることが出来る!!そしてすべてのことに時があるのですね!!

そう思える日々もあれば思えない日々もあるけれど、明日は明日の風が吹く!!疲れたときには温かいミルクにラム酒を1滴♪ 私のお気に入りです。
それと、ジェラルド・バトラーの笑顔、最高ですね(^^)

投稿: ikko | 2007/06/25 00:33

トマスさんへ。

>ひょっとして上の絵はノアの虹ですか?

ピンポン!大正解です。
入院しているときに、貼り絵でつくって部屋に貼っていました。今も家に貼ってあります。

ハートが私、星が長男、さくらんぼが長女です。
契約の虹を飾って、いつも希望を忘れないようにしています。

投稿: ののか | 2007/06/25 18:42

ikkoさんへ。

温かいお励ましをありがとうございます。

>疲れたときには温かいミルクにラム酒を1滴♪

おお、疲れが吹き飛びそうですね。
毎日ばてばての私ですが、なんとかこうとか頑張っています。これからもどうぞよろしく。 

投稿: ののか | 2007/06/25 18:44

大きな大きな山を超えたのですね。
あのころのののかさんと今のののかさん
いろんなことを抱えて生きてきたのですね。

今生きていること、それだけでいい。
それがすべてです。
いいことは沢山あります。
これからです。
大きく深呼吸してゆっくりゆっくり
また歩きはじめてくださいね。

そうそうルリマツリ手に入れました。
我が家にも透明な青い天使が訪れたようです。

投稿: しばちゃん | 2007/06/28 22:46

しばちゃんさんへ。

よたよたとおぼつかない足で、また歩き始めました。若い日は戻りませんが、今の私は昔と繋がっていることを忘れないようにしています。

ルリマツリは本当にキレイで優しい色がいいですね。一緒に楽しみましょう。

投稿: ののか | 2007/06/29 06:26

こんにちは。FC2の、ののかです。覚えていらっしゃるでしょうか。
時々ではありますが、読ませていただいていました。コメントはなかなかできませんでしたけれど…。

ののかさんといえば「パレアナ」を思い出します。あの頃から、私の状況もずいぶんと変わりました。こちらでは、いつも穏やかな文章を書いていらっしゃるので、脱出されたことは知っていたのですが、まだ婚姻を解消されていなかったとは知りませんでした。本当にお疲れ様でした。そして新しい出発に幸多かれと願っています。

投稿: 野乃花 | 2007/06/29 17:55

野乃花さんへ。

お久しぶりです。パレアナの話懐かしいですね。
私は何日か前に思い出して、そうだそうだ、喜びのゲームを見習わなくちゃと考えていたところです。

弱っているときは、何事もゆっくりしかできないいですね。元気なときに同時にいくつもの用事をこなしていたようには到底出来ません。ですから私の歩みは、じれったいほどゆっくりでした。これからも当分、こんな調子だと思います。

希望を忘れずにぼちぼち生きましょう!

投稿: ののか | 2007/06/29 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/15506240

この記事へのトラックバック一覧です: やりなおしのきく人生:

« 野の花 | トップページ | すべてのことはメッセージ »