« 圧力鍋とパン焼き機 | トップページ | ♪ガールフレンズ »

男と女

昨晩は、フランス映画「男と女」をDVDで鑑賞。映画好きの知人が、自分の一押し映画だといって貸してくれたのである。この映画、私はずっと以前にテレビで見たことがあるのだけれど、それはそれは遠い昔のこと。覚えているのは、男がレーサーだったことと美しい旋律のメロディのみ。今回久しぶりに鑑賞して一番心に残ったのは、主役の男女の美しさ。とにかく映像が美しく、音楽が美しい。雰囲気が最高。

紹介してくれた知人は、ミシェル・ファイファーのOne Fine Dayも好きなんだそうで、こういう設定に弱いんだなあと思った私である。事情は死別と離別と異なれど、独身を再び生きる子持ちの男女のラブロマンス。

夢のような設定だけれど、現実離れしてたっていいじゃん!映画なんだもん。ありえない設定でもいいじゃん!人生まだまだ捨てたもんじゃないと、夢見るのは自由だもの。

因みに、男と女は20年後に、続編が作られているとのこと。もちろん主役は、この二人。興味があるので、探してみようと思う。

« 圧力鍋とパン焼き機 | トップページ | ♪ガールフレンズ »

コメント

ののかさん、おひさ!
その昔Girlfriendと観ました。大人になったら映画のようにマスタングのコンバーチブルでライトをパッシングして「ここだぜ!」みたいなことやってみたかったなあ~、、あ~あ。
でもオジサンになったら"若い奴には負けへんで!"みたいなのですっ飛ばすのが夢です。アホやな、、(笑)

投稿: sada | 2007/07/07 23:58

yuzukiさんへ。

ともかくね~主役の女優さんが美しいのですよ。
この時点で、超非現実的なお話でありまして、ありえないわけですが、自分を重ねることも出来ないのですが、でもともかく素敵なのです…ハハハハハ!

投稿: ののか | 2007/07/08 07:54

sadaさんへ。

いや~かっこいい男の人でしたね。
レストランでの最後の台詞に唸りました。

この人は、20年後の映画でまだレーサーやってるみたいですよ。すごいでしょ?!

投稿: ののか | 2007/07/08 08:01

そういえばトランティニャンは60年代終わりからのフランス映画の代表俳優ですね。ギャング映画が多い印象が強く、この映画よりも"スウェーデンの城"や"暗殺の森"とかも怖いけどお薦めです。

投稿: sada | 2007/07/10 18:45

sadaさんへ。

>"スウェーデンの城"や"暗殺の森"とかも怖いけどお薦めです

うわ~全然知らないです。
怖いけど、というところで、余計興味がそそられます。
探してみますね~。

投稿: ののか | 2007/07/11 13:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/15674860

この記事へのトラックバック一覧です: 男と女:

« 圧力鍋とパン焼き機 | トップページ | ♪ガールフレンズ »