« モーツァルトとクジラ | トップページ | 彼岸の入り »

2007/09/21

ホンシミジミ

「ためしてガッテン」でシメジをとりあげていた。それを見た感想を食ブログに書いてみた。興味のある方はどうぞ。番組では、スーパーで売られているシメジを美味しく味わうとっても簡単な一工夫が紹介されていた。早く私もやってみたい!番組の最後にレギュラー出場者の山瀬まみが、「ホンシミジミ」という言葉でその日の感動を表していたが、私も同感。見ていない人のために解説すると、「香りマツタケ、味シメジ」という言葉があるわりに、シメジの美味しさを味わったことのない私たちが普段食べているシメジは「ブナシメジ」。マツタケよりも美味しいと昔の人が言ったのは「ホンシメジ」。ホンシメジは珍しいきのこなので、きのこ摂り名人でも滅多にお目にかかれないものだという。では私たちが毎日食品売り場でお目にかかる安価なブナシメジを美味しく食べる方法はないものか、ということで番組ではあれこれ実験をしたのである。そして、簡単にブナシメジを香りも味も豊かにする方法を番組が編み出し、作ってみた料理を味わった山瀬まみが書いたひとことが「ホンシミジミ」だったということ。

しみじみと、美味しそうだなあ、食べてみたいなあ、こういうことってあるんだなあと思う気持ちがこもった言葉だと、私はえらく感心した。

**********

私はこの数日、元気が出ない。☆月曜日に、具合が悪い父を見舞ったらまいってしまったので、気分転換に徹夜で韓国ドラマを観たら、すっかりくたびれた。自業自得ではあるが、体力消耗。☆火曜日に登校拒否をしている子どもたちのことで学校に呼ばれて、教師と話をした。「どうしたらいいか助けて欲しいのはこっちです。」と窮状をうったえてきた。疲れた。☆水曜日に娘と息子を連れて、術後一ヶ月の検診を病院で受けさせた。娘はあと3ヶ月、術後のケロイドを防ぐために毎食後クスリを飲むことになった。息子は以前から気になっていた顔のほくろだがいぼだか分からないものを、手術して取るという方法があることがわかったが、本人は「今はやめとく」とのこと。二人が喧嘩ばかりするので、くたびれた。☆昨日は連休ボケの私が図書館のパートの仕事。久しぶりなので、なんだかくたびれた。帰りはお気に入りの道を通って、気分を休めて家に帰った。もちろん子どもたちは二人とも、登校拒否である。そして今日また二人は、学校へ行かず。は~あ。これは大変だ!本当に!

といいつつ昨日の朝、イ・ビョンホンと結婚する夢を観た。これは幸せだった。私ってかなり、壊れてるのかも。。。

|
|

« モーツァルトとクジラ | トップページ | 彼岸の入り »

コメント

ののかさん、またその夢を見られるといいですね! いろいろと大変でしょうが、たっぷり眠ってパワーを充電してくださいね。眠れないときは熱いミルクにラム酒を一滴!そしてイ・ビョンホンの切り抜き写真?を枕の下に入れてみましょう(^^)

投稿: ikko | 2007/09/22 20:28

ikkoさんへ。
今日も頑張って韓国ドラマを観続けて、やっと三分の一まで来ました。

現実逃避には、もってこいです。

また夢みたいな夢をみたい(?)!

投稿: ののか | 2007/09/23 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/16518695

この記事へのトラックバック一覧です: ホンシミジミ:

» 松茸ご飯 [松茸ご飯レシピ‥松茸ごはん炊き込み料理作り方]
松茸ご飯は家庭によって少しづつ料理の作り方や、ごはんの中に入れるものが違っています。松茸ご飯の炊き込みを白米ではなく、玄米で炊き込む家庭もあります。松茸ご飯を炊き込む時に、にんじんやこんにゃくなどの具を入れて、かやくご飯のように作る料理法もあるようです。松茸は赤松の木に生えるきのこです。日本の松茸は外国産に比べその香りが濃厚なことから日本産が好まれます... [続きを読む]

受信: 2007/09/21 10:42

« モーツァルトとクジラ | トップページ | 彼岸の入り »