« 秋刀魚の味 | トップページ | 秋の花たち »

2007/10/14

学校へ行こう

子どもたちの登校拒否も、先週はなんとかおさまり、一週間登校することが出来た。送り出す私は、どきどきひやひや。とてもくたびれたが、ともかくよかった。

保健室から教室へは行けなくても、まずは始められるところから始めよう。登校班での登校はもはやとても気まずくて無理なので、一時間目が始まる頃に私と登校。校庭のこどもたちに見られたくないので、校門から一目散に校舎の裏にまわり、保健室の裏口から校舎に入る子どもたち。あとは養護の先生や教務主任や校長先生にバトンタッチ。

私は夏以降、上の子に続いて下の子までも学校へ行かなくなり、それが長引いてすっかり精神的にまいってしまったので、先週は子どもたちが頑張る気持ちになってくれたことが、ただそれだけでも嬉しかった。「客観的に考えると、お母さんの言うとおり、秋休みのあとからまた学校に通いだしてもおかしくはないと思えるようになった。」と話してくれた息子。家でだらだら過ごし、フリースクールの日ははりきって勉強という生活のなかでも、ずっと学校のことが気にかかっていたのね…。

土曜日はいとこたちが遊びに来て、うちの子どもたちは楽しく家で遊べたし、今日は教会やらフリースクールの楽しい行事で気分転換できるだろう。また明日から始まる一週間に期待たいところだが、期待はしすぎないようにしておこう。

|
|

« 秋刀魚の味 | トップページ | 秋の花たち »

コメント

「千里の道も、、、」ですからね。
テレビ無しの日とか作ると、子たちの欲求も見えてきますよ。うっとこでは勉強っていう言葉を避けて"学習しよう"と話してます。だから子たちからも何がしか教わるようにしています。つまらないことに付き合うことになることもありますが、
考える力はそう易々と育つものではないことを自らの経験から一番知っているのは親ですからね。

投稿: sada | 2007/10/14 16:00

sadaさんへ。

私はひとりでは力が足りないので、いろいろな人の応援をもらってなんとか頑張っています。子どもたちの持っている力が、なんとか発揮できるようになるといいなあと思います。

投稿: ののか | 2007/10/15 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/16753415

この記事へのトラックバック一覧です: 学校へ行こう:

« 秋刀魚の味 | トップページ | 秋の花たち »