« 涙 | トップページ | クリスマスの足音 »

2007/11/07

銀杏

昨日は学校カウンセラーの予約があったので、子どもを保健室に送り届けたあと、大急ぎで東京の父親の見舞いを済ませたりして、大忙しの一日だった。

父親は脳梗塞で身体が半分麻痺しているので、そこをほぐすリハビリを以前は毎日していただいていたが、発作や入院のために中断していたのを、昨日から再開したということだった。身体は固まっていて動かすと大変痛みを伴うらしく、父はリハビリ後に疲れて眠っているところだった。薄目をあけて話をすると、すぐにまた寝てしまう。私は壁にかけてある私たちの子どものころの写真のところにかわいいハートのクッションをぶら下げて、少し父の視界が和むように工夫してあげることしかできなかった。寝たり起きたりの父の横で、川上弘美の『センセイの鞄』を読み終わった。一時間半もすると、もう帰りの時刻。丁度昼ごはんが始まったところだったのだが父にそれを告げると、「無理してくるくらいなら、もう来るな!」と怒られてちょっと怖かった。「また来てね。」って言ってるんですよ、と扉のほうで看護士さんが教えてくれた。

学校に到着したのは2時ちょうど。部屋に入っていつもの先生とお話。息子のことや娘のことで私の心配ごとを聞いていただく。どこか支援してくれる団体や専門家はないかと尋ねると、不登校児を抱えている親の会などがいいかもしれないとアドバイスされる。不登校児のなかには、我が家のケースと似ている場合が少なからずあるとのことだ。こどものことを病気だと思わずに症状、個性ととらえたほうが気持ちが楽ですよ、とも言われる。その帰り、同じクラスの不登校児の家を訪問。ほんの短い間だけれどコーヒーをいただきながらお話。お子さんも家にいて、うちのよりもっと極端なことをしゃべっているのをきき、まさにうちと似たようなケースだなあという確信を深める。そんな気が以前からしていたので。私は、「不登校児の親の会を探しているから、みつかったら一緒に行こうね。」とお母さんを誘う。その家のお子さんは「卒業まで死んでも学校なんか行かない。」と言い、うちの息子のことを「自己中だから大嫌い。」と言うので、「ごめんね、全然意地悪じゃないんだけど、思ったことをそのまま言っちゃう子なんだよ。私もあきらめずに、もっと注意するからさ、見捨てないでやってよ。」と話す。すると「4年のときから、僕と同類だと思ってはいたけどさ。」と言ってくれた。繊細な子なのだ。うちの子と違って、いじめの的にされていたから学校はもううんざりになってしまったのだ。うちの息子も彼も中学進学を機に、なじめる環境に移れればいいなと思う。一緒に幸せになりたいし、安心したいと思う。

帰りがけ、この間さし上げたお味噌のお礼にと、糠漬けの野菜と殻つき銀杏をいただく。銀杏の殻はどうやって剥くのか私は知らなかったので、家に帰って母に聞くと、母も分からないという。ねいやさんがやってくれていたから、私は全然知らないと。まあなんというお嬢さん育ちなのだろう。うらやましいことだ。仕方ないので茶碗蒸しに入れる分だけということで、新聞紙を広げたところで、母が一つずつ金槌でたたき娘が薄皮を剥いてくれた。ということで、晩のおかずに銀杏をいれた茶碗蒸しと、それから秋刀魚を骨まで柔らかくした梅干煮、小松菜と油揚げの煮びたしなど。とっても和風な献立ながら大好評で、私はご飯をおかわりしてしまった。みんな満足。しんどいことが多いので、頑張ろうと思うとついついご飯が進む秋なのである。

|
|

« 涙 | トップページ | クリスマスの足音 »

コメント

ののかさん、おはようございます!

食欲の秋・はとっても良い事です(^.^)。
忙しい毎日でも、ののかさんは「思いやり」の心を忘れない、本当にすばらしい方です。
写真に飾った「ハートのクッション」、お父様気がつかれたと思いますよ。

投稿: かおちゃん | 2007/11/07 08:00

かおちゃんへ。

あんまり頑張り過ぎなくていい、といろんなかたから慰められますが、子どものこととなるとつい思いつめてしまう私です。
きっと私のことも、そうやって親は育ててくれたのでしょうね。。。

今頃になって分かることも沢山あります。

昨晩も「食欲の秋」だったののかより♡

投稿: ののか | 2007/11/08 05:50

私も いつも ののかさんのやさしさと強さに 心を揺さぶられます。
そして、何があっても おいしいご飯を作って食べる、これからも こんなお母さんでいて欲しいです。がんばらないでがんばって。

投稿: マーガレット | 2007/11/08 07:40

適した人間環境って大人であっても、なかなか無いものです。どこかで"諦め"や”我慢”が伴っているでしょう。
けれど子たちにはそういった「気の利いた」素地はありませんから、気に入っていてもすぐに飽きてしまったり、洟から受付けなかったりと苦労しますね。お互い"親稼業"しっかりやりましょう。

投稿: sada | 2007/11/08 12:04

マーガレットさんへ。

私は本当に食いしん坊なので、毎晩おいしいものを作って食べています。

このごろ本当に、やせるのは無理だなあと実感。仕方ないので、ふっくら?体型をカバーする服装をするようになりました。

またそのうち、おいしいものを食べに行きましょう。

投稿: ののか | 2007/11/08 20:09

sadaさんへ。

そうなんですよね~。ぴったりのところは、どこを探してもないでしょうね。
でも、できるだけ息子の個性に合った環境を見つけてやりたいと思って努力しています。

誤解されないで生きていけるように、道筋をつけてやりたいなあと思っています。

投稿: ののか | 2007/11/08 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/17001179

この記事へのトラックバック一覧です: 銀杏:

« 涙 | トップページ | クリスマスの足音 »