« 43 | トップページ | クリスマスはもうすぐ »

2007/12/13

ポセイドン・アドベンチャー

息子と観たいと思っていた映画を、ようやく二人で観た。その名は「ポセイドン・アドベンチャー」。私が「タワーリング・インフェルノ」とともに幼心に感動した映画なので、小6の息子の感想はいかに?

息子は大いに感動したそうだが、具体的には聞き出せなかった。けれど、きっと心に残ったに違いない。あの牧師の勇気に。

ポセイドン号という豪華客船は、年越しパーティーの真っ最中。さまざまな人生を歩んできた乗客がひとところに集まり、お祝い気分最高潮のところに、大津波が押し寄せ船は転覆。わずかな可能性を求めて、船内に取り残された乗客のうち数名が、若い牧師に導かれ、救出される可能性のある船底を目指すのだが。

人生は思い通りには行かない。けれども、常にわずかでも希望を見つけ出し、助け合いを忘れず感謝を忘れず、前に進む姿に励まされ勇気付けられ、牧師に導かれつつ生き延びた人たちはたった6人だった。

|
|

« 43 | トップページ | クリスマスはもうすぐ »

コメント

タワーリング・インフェルノはバベルの塔、
ポセイドン・アドベンチャーは出エジプト、
が背景にある映画だ、とのK教授のご意見です。

実はどっちもホントには見ていない。
見なきゃいけないんですけどねぇ。

投稿: トマス | 2007/12/14 23:44

トマスさんへ。

>タワーリング・インフェルノはバベルの塔、
 ポセイドン・アドベンチャーは出エジプト、
 が背景にある映画だ、とのK教授のご意見で  す。

知りませんでした。
私は小さいとき?に両方見ましたが、ポセイドン…のほうが好みです。タワーリング…は怖すぎました。


投稿: ののか | 2007/12/15 20:05

つい夜更かしで、、。
この2本の映画は今の子たちと同じ時分に観たので憶えてます。その後、大学の頃だったか"パニック映画特集"(確か「大地震」と「JAWS」も演ってました)であらためて観ました。
実は2本とも主題歌を同じ女性シンガーが歌ってるんですよ。当時大ヒットしたようです。
この流れが「炊いた肉」やったか「焼いた肉」?に続いてるようですなあ〜、、。じゃ、また。

投稿: sada | 2007/12/18 02:31

sadaさん、またまたお詳しいですね~。
音楽の方までは気が回りませんでした。

>「炊いた肉」やったか「焼いた肉」?に続いてるようですなあ〜、

う~私には難しいなあ。なんだろなあ?

私は結構、幽霊系は苦手ですが、パニックものは好きなんです。怖いですけれどね!

ポセイドン・アドベンチャーはリメイクされましたが、そっちは見る気がしないんです。

投稿: ののか | 2007/12/18 21:43

今晩は、ののかさん。
「炊いた肉」ってカタカナに直してみなはれ、、?
ア〜ア〜、、!(爆)

投稿: sada | 2007/12/19 22:56

sadaさんへ。

われながらアホですな。

でも私は何にも分からないまま、
昨日DVDで「タイタニック」観たのです!
あっはっは。


冷たい海に投げ出されて生き残ったのはやっぱり6人だけでした。

投稿: ののか | 2007/12/20 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/17358453

この記事へのトラックバック一覧です: ポセイドン・アドベンチャー:

« 43 | トップページ | クリスマスはもうすぐ »