« しあわせな孤独 | トップページ | バラが咲いた »

2008/05/03

日毎の糧

今日は学校が休みだからきっと子どもたちは寝坊するとふんで、私はおひとりさま早朝DVD鑑賞会。返却期限が近付いている韓国映画の「手紙」を選んだ。内容はというと、運命の出会いをした男女が結婚しつかの間の幸せを味わうも、夫が脳腫瘍におかされ妻をおいて死んでしまう話。舞台が森なので今のような新緑まぶしい季節にはふさわしいけれど、朝から見るには寂しい内容であった。ところが途中で、なんだか知らないが子どもたちが起きてきた。いつもなら絶対目覚めない時間なのに。学校に行かなくていいと思ったら嬉しくて、飛び起きてしまった模様。仕方なく一緒に鑑賞。「これ、パリの恋人の社長だよ。全然違うね~演技がうまいね~。」などと一緒に感想を述べ合う。

その後娘は昨日学校で見たという、芸術鑑賞教室の「注文の多い料理店」の話ばかりしていた。とても怖かったんだそう。我が家の本棚にある宮沢賢治の絵本を貸してあげたら、恐る恐る中をのぞいていた。面白いなあ。

さて朝ごはんは、具だくさんのミネストローネとパンですませた。息子が「これ肉が入ってなくておいしい。」とスープのことを評価している。ベーコンやウィンナーがなかったから、今朝は野菜と豆とマカロニだけのあっさり味だったのだが、それがかえってよかったらしい。デザートには清見オレンジ。私は時間を気にせずゆっくりとテレビも消して、ご飯を食べられるしあわせを感じた。日毎の糧に感謝。

|
|

« しあわせな孤独 | トップページ | バラが咲いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/41076845

この記事へのトラックバック一覧です: 日毎の糧:

« しあわせな孤独 | トップページ | バラが咲いた »