« 混乱 | トップページ | 鳥の名前 »

2009/04/09

小さい幸せ

昨晩は、まんまるお月さまが美しい夜だった。月は夕方姿を現して、暗くなってからどんどんと晴れ渡った夜空を、高く昇っていった。

寝る前に空気を入れ替えるために閉めてあった雨戸をあけ、娘と一緒に暗い寝室から空を見上げると、月はまるでスポットライトのように天空で光っていた。「まんまるだね。」と、娘が夜の空気を吸ってつぶやいた。不思議なことに夜なのに、遠くの森からカァーカァーと、数羽のカラスの鳴き声が聞こえた。満月の夜には、カラスは眠らないのだろうか。

そして目を落とすと、遠くに夜景が浮かび上がっていた。30年も前、学習塾の帰りのバスから見た夜景とは、明るさが違うなあと私は思った。あの頃は「陸のお星さま」と私が名付けたように、街のあかりはまばらではかなく、詩的に美しかった。しかし昨晩私の目に映ったのは、ぎらぎらとした街のあかりだった。そのときすぐに、

名作絵本 『ちいさいおうち』

の夜景の場面が頭に浮かんだ。私はちいさいおうちのように、街のあかりへの憧れをすっかり無くしてしまった。しかし毎晩子どもと一緒に絵本を読んでから眠る小さな幸せを、今の私は知っている。小さな幸せに感謝して、小さな暮らしを守る幸せを。

|
|

« 混乱 | トップページ | 鳥の名前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/44613468

この記事へのトラックバック一覧です: 小さい幸せ:

« 混乱 | トップページ | 鳥の名前 »