« ポプラの秋 | トップページ | おっちょこちょいにもほどがある »

2009/10/04

走るススキ

娘と図書館に行くために車に乗り信号待ちしていたら、脇をススキが走り抜けた。状況を正確に言うと、ススキをリュックにさして背負った男性が、街道をサイクリングしていたのである。

初め娘が「稲みたいなのをしょった人が走っている。」と前方を指さしたので、私がぎょっとして見たら、しょっていたのが稲じゃなくてススキだとわかった。「今日お月見だから、あの人川原かなんかでススキ一本採って、これから家に帰ってお月見のために飾るんじゃないかな?」と話した。

ススキ一本で風情が増して、きっとあの自転車男さんは中秋の名月を愛でることができたろう。

我が家でも、ここ数日の雨模様であきらめていた名月を、思いがけずおがむことができたので、嬉しい夜だった。娘が丁寧に月見団子をつくってくれたことが、特に嬉しかったな。

|
|

« ポプラの秋 | トップページ | おっちょこちょいにもほどがある »

コメント

ののかさんは、お題がまず抜群ですね。
ススキが走ってゆくサマを、瞼に浮かべて読ませていただきました。
 昨日の日曜日、晴れてまだほとんどまん丸のお月さまがキレイでしたね。
 雨が続きますが、また面白いお題でお願いします。

投稿: サンママ | 2009/10/05 19:11

題名でほめられるなんて、今までなかったことなんで、うれしいです。
昨日は美しい満月でしたのに、今日は雨。
秋なんですね!寒くなるので、お身体お大切に。

投稿: ののか | 2009/10/06 02:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/46387378

この記事へのトラックバック一覧です: 走るススキ:

« ポプラの秋 | トップページ | おっちょこちょいにもほどがある »