« 八ケ岳 | トップページ | ごろごろしたあと、米を買う »

2009/10/22

♪夜空

夜中に起きて、屋根にあがり、星空を眺めた。オリオン座流星群は、昨夜がピークとニュースが伝えていたのである。

街の明かりは私の若いころよりさらに明るくなり、星空を見るには邪魔である。 私は「ちいさいおうち」になった気分 。

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)ちいさいおうち (岩波の子どもの本)
バージニア・リー・バートン

岩波書店 1954-01
売り上げランキング : 12937
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そこで私はフードのついた上着で視野を調節して、暗い夜空だけをみあげられるようにした。それから小1時間屋根に座って夜空を見上げていたが、流れ星は観察できず。残念だった。 しかし代わりに、若い日に屋根にあがり、空を眺めて感じたことを、久し振りに思いだした。

あれは高校生のころだったか。夜中の試験勉強が行き詰まり、もう駄目だと絶望的な気分のときに、ふと屋根からの景色を眺めたくなり、屋根の上に出たことを。時刻は明け方。それは冷たく澄んだ空気のなか地平線が赤く染まり、まさに夜が明ける瞬間だった。澄み渡った空には、明けの明星がキラリ。その時私は、「私なんて自然からみたらちっぽけな存在なんだ。私の悩みも、ちっぽけなものなんだ。」と思えて楽になったのだった。あれから何十年もたって、同じ場所で夜空を見上げられる幸せ。それから、不安から解放される感覚を思い出せて、心からありがたいと思った。

|
|

« 八ケ岳 | トップページ | ごろごろしたあと、米を買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/46550903

この記事へのトラックバック一覧です: ♪夜空:

« 八ケ岳 | トップページ | ごろごろしたあと、米を買う »