« パンプキン・パイ | トップページ | 嫌な感じ »

2009/11/01

♪あの頃のまま

小学校4年の我が娘は、私にとって産んだ当初はとにかく全身全霊で守ってやらなければならない小さな弱い存在だった。生まれつきのハンディがあったため、病院通いや手術など、彼女のために精根尽きはてた日々があった。余裕がなくて人任せにして、長男にしてあげたような絵本の読み聞かせも彼女にはそういえばしていなかった。育児日記だって、息子の場合は満3歳になるまでびっちり記録したのに、娘の場合は治療に疲れ果て、ほかの人と比べて考えてしまうのにも疲れて、1歳過ぎに記録をやめている。初めてつかまり立ちをした日付と場面は覚えているが、あとはなんだかよくわからない。引っ越しがあったり保育園に娘を入れて働いたりで、手が回らなかった。よく育ってくれたと思う。手をかけた息子より、ずっとしっかりした娘に、私はだんだん頼るようになっていた。そうして日を送っていた昨年夏、急に「ママ絵本読んで。」とせがまれた。絵本なら山ほどうちにある。お兄ちゃんに読んであげてる横で、聞いていたはずの娘がそんなことを言い出すなんて。これは何かのサインに違いないと、私は償いのように娘と二人だけの絵本タイムを就寝前に持つようになった。その記録はこちら(→♪あの頃のまま)。

そのうちいつの間にか家にある絵本だけでは足りなくなって、せっせと図書館に通っては制限冊数ぎりぎり借りてくるようになった。毎晩1冊とは限らないから、いくらでも新しい絵本に出会う機会が増えた。本当に楽しいひととき。感心したりがっかりしたり、いろんな出会いが楽しい。 

|
|

« パンプキン・パイ | トップページ | 嫌な感じ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/46650927

この記事へのトラックバック一覧です: ♪あの頃のまま:

« パンプキン・パイ | トップページ | 嫌な感じ »