« 大晦日の朝 | トップページ | 年賀状 »

2010/01/02

夕富士

元旦は、バタバタしていたので教会の元旦礼拝はパス。私は午後のお出かけに娘が履いていくタイツを買いに、自転車に乗って近くのコンビニへGO!すると、礼拝帰りのお知り合いにばったり会った。新年のあいさつの後、今日の出席者数を尋ねると、大分少なめだったとの答え。それでは牧師夫人が用意してくださったお汁粉(うちの教会の恒例行事。元旦礼拝のあと皆でいただく。餅も教会員の手作り)が余ってしまったのではないかと、少々心配になったが、仕方ない。私は娘の着替えのお手伝い。

1時半に母や子どもを連れ、自宅出発。東京のホテルへ。最寄駅から下る坂が急で、ちょっと閉口したが、到着すると園内は獅子舞やひょっとこのお囃子がにぎやかで、人出もたくさん。晴れやかな正月の気分を味わえて、悪くなかった。レストランで1時間半のバイキングの間、大人はお年賀のやり取りをしたり挨拶を交わしたりだが、銘々食事をとってきて黙々と食べる少年あり、アイスクリームのコーナーで5回おかわりしたツワモノあり。血の繋がった親戚でも、個性がさまざまで楽しい。途中新幹線が関ヶ原で遅れた!といいつつ駆けつけた家族も合流。親族の新年会を東京のレストランで行うなんて、久しぶりだが、実家の母が高齢化したり諸般の事情がありこうなった。場所はどこにしようとか時間はどうするとか、セッティングの苦労もあったけれど、終わってみれば晴れの日の祝いかたとしてこんなのもありだね、というのが昨日の感想。きっと来年も、こんな感じになるだろう。ただし帰り道に母が足を痛めたのが心配。やはり車を使って移動するべきであった…。

さてわれわれは、時間を延長して夕方まで店で過ごした。その後三々五々別れ、私は母とゆっくりまた駅に続く急坂を上った。登りきったところに、三脚を立てている外国のカメラマンあり。何を撮影しているのかと、カメラのレンズの方向に振りむいて息を飲んだ。そこには見事な夕富士がそびえていたのである。狭い坂の間、やや遠方になるが、これは東京から富士を撮影するスポットとして申し分ない。

正月に肉眼で真正面から、少し遠くながらも富士を拝んだのは初めてなので、私はめでたい気分になった。今年はいいこと、あるといいな。

|
|

« 大晦日の朝 | トップページ | 年賀状 »

コメント

迎春fuji

本年もどうぞよろしくお願いいたします
ののかさんとご家族の平安をお祈りいたします

元気はあるのに咳がひどくて引きこもり気味の
年越しです。クリスマスも明日の礼拝もマスク顔sweat01
とにかく活き活きとがんばりたいものですねsun

投稿: ikko | 2010/01/02 11:45

ikkoさん、明けましておめでごうございます。
コメント第一号感謝です。

長引く風邪で弱ってしまいますね。どうぞおせち料理で元気を回復してください。お大事に。

投稿: ののか | 2010/01/03 13:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/47182436

この記事へのトラックバック一覧です: 夕富士:

« 大晦日の朝 | トップページ | 年賀状 »