« ぼちぼちでいいから | トップページ | クローブ »

2010/07/29

共感覚

ねこは青、子ねこは黄緑―共感覚者が自ら語る不思議な世界ねこは青、子ねこは黄緑―共感覚者が自ら語る不思議な世界
パトリシア・リン ダフィー Patricia Lynne Duffy

早川書房 2002-07
売り上げランキング : 76188
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
世の中には、たとえば数字の1が何色、7が何色、というふうに、数字に色がついて感じている人がいる。音に色がついた人がいる。アルファベットの一文字一文字に色がついた人がいる。 そういう感覚を、共感覚というのだそうだ。そのことを理解したくて買った本が上記の本。 その他にも、ブレインマンと言われている人が書いた本がこれ。この本は、私が脳の認知力に偏りのある人たちを理解するのに、大変役に立った本である。
ぼくには数字が風景に見える
ぼくには数字が風景に見えるD. タメット 古屋 美登里

おすすめ平均
starsそっとしておいてあげれば・・・
stars新鮮な感動を感じました
stars天才の頭の中を覗ける本
stars異常な天才の半生記
stars多様な人間、多様な人生

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
******** 今日色彩心理の資格取得のために夏に提出するレポートに、ある男の子が協力して塗り絵をしてくれたのだけど、その人にはあいまいかもしれないけどこの共感覚があるようで、数字の色のことを自分の場合は1はこんな感じ、という風に色で示してくれたりしたので、とても興味深かった。実はわが子の場合は、もっと顕著にこの数字は何色、と全部に色がついているらしいのだ。 私には無い感覚だから、わかるようになりたい。ぜひ息子が、数字の塗り絵をしてくれる気分になってくれたらいいのにな~と、自分の都合で勝手に考えている私。。。

|
|

« ぼちぼちでいいから | トップページ | クローブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/49007746

この記事へのトラックバック一覧です: 共感覚:

« ぼちぼちでいいから | トップページ | クローブ »