« ジンジャーエール | トップページ | モロヘイヤが連れてきたお客さん »

2010/08/10

父と算盤

今日は探し物があって、一昨年に亡くなった父の書斎の窓をあけ、晩年の父がどんなふうに仕事していたのかを見せてもらった。机の中は几帳面に整理され、大事にしていたらしい新聞記事の切り抜きとか、本とか、色々あるものを眺めた。

引き出しの奥に、緑色のカバーに覆われた何か小さな物を見つけ、引っ張り出してみたところ、それは算盤だった。英語と計算が何より苦手だった父が、算盤を持っていたとは驚き。でもやっぱり苦手だったからか、引き出しの奥の奥にしまってあったところがおかしい。

私は見つけたいものが見つからなくてがっかりだったけど、その算盤と、それから何冊かの本を持って階段を下りた。母に算盤の使い方を訊いたら、なんだか私も母もとても怪しくて、よくわからない。あ~算盤習っておくんだったなぁ。

結局、私が一番見つけたかった雑誌は、両親の寝室から見つかった。こんなところにあったとは。お母さん、私がずっと探していたの知っていたのに、今頃見つけたよってさぁ、ちょっともう。。。

【追記】

探していたのは、井上ひさしの水の手紙が掲載された、1983年の雑誌「すばる」でした。見つかってよかったです。

|
|

« ジンジャーエール | トップページ | モロヘイヤが連れてきたお客さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/49113947

この記事へのトラックバック一覧です: 父と算盤:

« ジンジャーエール | トップページ | モロヘイヤが連れてきたお客さん »