« 「そうよ」 | トップページ | はかない命 »

2010/09/30

今日わたしはリンゴの木を植える

『サンタクロースの謎』

が届きました。賀来先生の本だ~と、喜びいっぱいの私なのだが、この本を読み始める前に、あとがきをまず読んでしまった。すみません!あとがきにかえて、と文章のタイトルになっていたのがこの言葉。

  ”今日わたしはリンゴの木を植える”

これは宗教改革者、マルチン・ルターの言葉だそうだ。正確には「明日が世界の終わりでも、今日わたしはリンゴの木を植える」と引用してある。そういうことができる人間は、絶望を知らないそうだ。そんな幸せがあるだろうか、とも書いてある。サンタクロースが願う幸せとは、そのような幸せだと。サンタクロースがクリスマスになると運んでくる贈り物とは、現代社会が見失ってしまった究極の幸せであると筆者は語る。

今自らが置かれた状況がどれほど絶望的であれ、そこに意味を見つけることができたなら、「明日が世界の終わりでも、今日わたしはリンゴの木を植える」ことができる。

そういうことが、この本を読むとわかるらしい。この話を息子にしたら、わかる気がすると言っていた。「明日が世界の終わりでも、今日わたしはリンゴの木を植える」~希望を思い出させてくれるいい言葉だと、私も思う。そんなことを、息子と共感できたことが嬉しい夜である。

|
|

« 「そうよ」 | トップページ | はかない命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/49608863

この記事へのトラックバック一覧です: 今日わたしはリンゴの木を植える:

« 「そうよ」 | トップページ | はかない命 »