« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/30

ハートがふたつのハンバーグ

Img_0262

昨日嵐が来る前に、と夕食の時間に外を走っていた私に代わり、娘がハンバーグの種をこね、オーブンで焼いて、夕食を作ってくれました。

私はハートが好きなので、帰って汗を流してから、ケチャップをかけて、美味しい美味しいハンバーグをいただきました。美味しかった!

器用な娘がいて、嬉しいです。

エントリーした大会が、あと3週間ほどなので、トレーニングできる日はどんどんこれからは、日中に走りたいと思います。

トレーニングの記録はこちら(→ぼちぼちいこか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/28

2010年・私の秋

今日はコラージュ療法の授業を、初めて受けてきた。手始めに、葉書サイズの作品を、ということで、トライしてみたのがこの作品。

こちらの記事をご覧ください(→♪Daun Purple  最近の私の気分)

盛りだくさんで、やる気まんまんですと言われました。

なるほど~確かにやる気はいっぱいです、私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

横浜ベイスターズの行方

私、もう何十年も横浜ベイスターズ(昔は大洋ホエールズ)のファンをやっている。我慢強くずっと、応援してきた。で、この度の球団売却の話は、予想はしていたものの、成り行きをドキドキしながら見守っておりましたら、なんと話し合いが決裂ですと???

昨日職場の昼休みにその話を聞いて、なんだよ~っと拍子抜け。また来年も、ここのところのように最下位になるのだろうか。主力選手が流出してしまいそうだし、もっともっと弱くなっちゃうよ?

その場にいた人たちと、やっぱ横浜が本拠地じゃないとね~と話し合い、中華街で球団を保有するとか、日産がサッカーのチームを手放してベイスターズのオーナーになるとか、シュウマイの崎陽軒に頑張ってもらうとか、IKEAに頑張ってもらうとか(これも外国か…)無責任な話をしたのだった。。。

さぁて、この話どうなることやら。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010/10/27

苦丁茶

中国から帰った人のお土産の、

  苦丁茶

というのを、今日職場でいただいた。

とても苦い健康茶。

うわ~でもなんだか身体には良さそう。

しかし、初めての体験の苦みに、顔が歪んでしまったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/26

アマミノクロウサギ

昨日福岡に住んでいる友とパソコン通信していたとき、奄美の豪雨災害の話になり、本当に大変そうだよね~と話したところ、彼女は最近仕事で奄美に行ったばかりとのこと。

だから驚いたそうだ。町の様子が、激変してしまったのだから。本当に自然災害とは、恐ろしいものである。

ところで彼女は、奄美からウサギをお土産にして帰ったとか。

「うさぎってうさぎの肉?ペット?」

と尋ねると、

「ぬいぐるみ。天然記念物で兎がいるんだよ。かわいいんだよ。」

との答え。ほほう、知らなかった。食べ物かと思った私は、よほどの食いしん坊。反省反省。しかし、昔は食べららしいよ、との返事。ふ~ん。

調べてみたら、こんな兎でした。

   アマミノクロウサギ

うさぎは雨を逃れることができたんだろうか。マムシも山から町へ入ってきたらしいし、本当に大変な奄美の大雨だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010/10/24

ほんとにほんとにほしいもの

ほんとにほんとにほしいもの (あかねせかいの本)ほんとにほんとにほしいもの (あかねせかいの本)
ベラ B. ウィリアムズ Vera B. Williams

あかね書房 1998-04
売り上げランキング : 191087
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
『かあさんのいす』の続編を図書館で借りました。 椅子を買ってからまた、今度も貯金がたまってきたので、お母さんとおばあさんが、女の子のお誕生日プレゼントにそのお金を使っていいといいます。 女の子は喜んでお金を使いに買い物に出ますが、ほんとにほんとに欲しいものはなんだろう、と、買い物しかけては考え込んでしまう、というお話です。 私も考えこんでしまいました。私の本当に欲しいもの、それは一体なんだろうって。お金で買えるものだろうか、そうでないとしたらなんだろうって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/21

絵本 『かあさんのいす』

かあさんのいす (あかねせかいの本 (8)) かあさんのいす (あかねせかいの本 (8))
ベラ B.ウィリアムズ

あかね書房 1984-07
売り上げランキング : 66576
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久しぶりに気に入った絵本に出会ったので、買ってしまった。 多分夫に先立たれたのだろう。お母さんとおばあちゃんと私の三人暮らしの家族のお話。

お母さんはウェイトレスをしていて、チップを家にある大きなガラスの瓶に貯金している。おばあちゃんも節約できた小銭を、貯金。私はそれを数える。 なんでその家族は、貯金をしているのか。それは、素敵なソファーを買いたいからなのだ。最近火事で何もかもが灰になってしまった家族は、周りの親切な人たちのお陰で、住む場所や家具を得て、新しい生活を始めている。だけど、足りないものがある。それを何とか手に入れるために、せっせと貯金しているのだ。

色が美しい。お話が美しい。私は心打たれる。こういう話に弱い私である。

思い出すのは、ちょっとシビアだけれど、映画の「スタンドアップ」。DVから逃れてシングルマザーになった主人公が、男社会の炭鉱で働いて得たお金で、子どもたち二人にレストランでご飯をふるまうシーン。 お母さん頑張って、って、絵本や映画の中のお母さんに私は応援の言葉をかける。お母さん頑張って。

スタンドアップ 特別版 [DVD] スタンドアップ 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-09-09
売り上げランキング : 70252

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010/10/20

つみれ汁の夜

Img_0254

今日は息子と用事があって出かけた。反抗期まっさかりの彼だが、食べるものは私の手作りが大好き。帰りに駅ビルに停めてあった車に乗り込む前、食料品を買うとき、以前なら考えられないことだが、食にこだわる彼は私に付いてくる。そして、青魚が食べたいと、今日もまた言われた。

昼ごはんに、彼には秋刀魚を購入。私は豆腐。それから夜は、イワシでつみれ汁ということになった。

夕方、学校にトレーニングに出かけて帰ってきた息子のため、イワシでつみれだんごを作る私。。。面倒くさいが、喜んでくれるから頑張る。今日は丁寧に、ごぼうの笹がきをした自分を、自分でいっぱい誉める。よく頑張ったわ!

そして「いただきます」となったわけであるけれども、このシーズンで一番の美味しいつみれ汁に舌鼓をうち、みんな幸せな笑顔となったのであった。めでたし、めでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/19

矛盾

毛虫が嫌いと言ってみたり、秋の蝶をはかないと思ったり、私はその日その日で想った事をここに綴っているわけだけど、

毛虫が成長して蝶(か蛾)になるんだろうから、

とっても矛盾したことを二日にわたって書いちゃったんだなぁなんて、今頃気づいた。

お恥ずかしい。矛盾だらけの私。にんげんだもの、なんて相田みつをのようにつぶやいてみたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

闇の子供たち

昨日私が読んだのは、この本。ネパールの12歳の女の子が貧窮のため人身売買され、身も心も壊れそうになりながらも救出された実話をもとに書かれた本。胸が痛い。
私は売られてきた (金原瑞人選オールタイム・ベストYA)私は売られてきた (金原瑞人選オールタイム・ベストYA)
パトリシア・マコーミック 金原瑞人

作品社 2010-06-25
売り上げランキング : 228280

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今でも世界では、闇で子どもたちの売買が行われているのだろうか。
闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2009-02-25
売り上げランキング : 8077
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この映画は、決心がいるなぁと思って未だ見ていないけど、いいきっかけだから見てみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010/10/18

秋の蝶

今日は秋晴れのよい天気。午前中は特に、庭は日差しであふれていた。

ふと見ると緑の芝生の上を、モンキチョウが2匹飛んでいる。

もう夏は終わったのになぁと、私はある映画を思い出しながら蝶の舞う姿を眺めた。

  

      歩いても歩いても

この蝶を見かけるたび、今度はどの人が会いにきてくれたのだろう、と私も想うようになってしまった。命ははかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ケムンパス

昨日から、ここら辺に毛虫が歩いている。ガレージでまず、娘が悲鳴。黒くて小さい毛虫がごにょごにょ。おばあちゃんが退治する。

「何についてるのかしら?あっちにもこっちにも。」

嫌だな~。毛虫って、気持ち悪いだけでなくて、毒がありそうなんだもの。

何と近所の教会でいろんなことが一通り終わって下駄箱にゆき、スリッパをはきかえて帰りましょうと思ったら、私の黒いパンプスに、今度はオレンジ色も混じった毛虫がついている。

「ひゃ~。」

そこにいた男の人に退治してもらって、私はやっと安心して靴をはきかえた。友人いわく、

「私だったらそんなの地面に落して踏んづけてつぶしちゃうよ。ののかちゃん、未だ甘い甘い。」

って笑われた。いや~そう言われましても、私は昔からケムンパス(←ご存知ない方は、ここをクリック。赤塚不二男のマンガの街の中の『も~れつア太郎』の登場人物をご覧ください。毛虫のキャラクター)は、苦手なんでヤンス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/16

リトルゴッホ

とうとう乾いたので、今日アトリエから娘の作品を持って帰りました。

特に気に入ってる作品だそうです。

Img_0251

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/15

赤福

デパートで赤福を見つけまして、やっぱり買ってしまいました。

色々賞味期限の問題とかあったけれど、私にとっては、赤福といえば、父が新幹線で出張に行くたびに買ってきてくれた、懐かしい思い出のお土産なのです。

またこちらで見かけてることができて、嬉しかったな。

帰宅したら、赤福をみつけた娘が喜んで食べました。母も喜んで食べました。私もひとつ、いただきました。息子はまだ見つけてない様子。今日食べてもらいましょう。早く食べないと、固くなってしまうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/14

以心伝心

今日は最近友人になった方と、神戸屋にてパンのいい香りに包まれながら、2時間ほどおしゃべり。

新鮮で楽しい。気が合うって嬉しい。

幾つになっても、新しい出会いがあるっていいことだなぁ。

これからも励まし合って、一緒に目標に向かって頑張りたい。なんて書いていたら、今日のお礼のメールが届いた。以心伝心!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/12

秋刀魚の味

今日は仕事の後用事があり、帰宅が6時過ぎ。私は秋刀魚が食べたくて仕方がなかったから、帰宅途中になじみの魚屋で秋刀魚を4匹購入。その先の豆腐屋では、がんもどき4枚。向かいの八百屋で、オクラとキノコ、ホウレンソウ。隣のスーパーでは、牛乳1本。

家に帰ると、数学の問題が解けないと、むっつりした息子が愚痴をこぼしていたので、秋刀魚を焼くのを手伝ってと言ったら、喜んで台所に立ってくれた。不器用だけど、塩をした秋刀魚を丁寧に焼いてくれた。ついでに大根を、せっせとおろし金でおろしてくれたので、助かった。大助かりだ。

私はがんもをじっくり煮ふくめて、オクラとキノコをさっと煮汁の脇の方で火を通すだけ。簡単に夕食の準備は整い、いただきま~す。娘は、秋刀魚がまだ上手に食べられないので、私がコツを伝授。うんうん、なかなか上手だね。

私はサカナを食べるのがうまいと、いつも他の人に誉められる。亡くなった父が、何しろサカナが好きで、焼き魚は家族全員の分をむしっては「うまいだろう。」と自慢するような人だったので、自然に私も上手な食べ方を覚えた。今晩も秋刀魚の身をきれいに食べて、骨と頭だけ残った秋刀魚ののったお皿を、父の写真のところに持って行って「うまく食べたでしょ。」と自慢した。父は天国できっと、自分の方がまだ上手だと言っているだろうなぁと、私は思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/11

幸せ

三連休が今日で終わる。子どもの秋休みも、今日で終わり。秋とは名ばかりのような、夏を思い出させる日差しと気温の一日だったのに、夕方になるとカラスが鳴いて、高い空の雲も秋の様子。

私は日中家でノースリーブを着ていたけれど寒くなったので、今日洗ったばかりの長袖カーディガンを羽織ってみた。すると、お日様のぬくもりが肌に伝わってきた。あったかい。あったかい。あったかいって幸せ。

実は今日は子どもたちが出掛けていて、私は暇だった。用事があったけれど、残念なことに流れてしまったので、自分は気ままに岩波ホールに映画を見に行こうと思っていたが、最近忙しかったからかうっかり昼寝をしてしまいかなわず。もう少し秋らしい天気なら、自転車に乗って、今度参加するマラソン大会のコースを走ってみようと思いついたが、あまりの日差しの強さに断念。結局何にもない休日になってしまった。

テレビでは、出雲で開かれた大学駅伝の中継をやっていた。駅伝は面白い。『風が強く吹いている』を読んだのは、去年のこと(→風が強く吹いている)。今年に入って、自分も走るようになるとは思ってもいなかった。でも、村上春樹のエッセイを読んだら、

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

村上 春樹

文藝春秋 2010-06-10
売り上げランキング : 1162

おすすめ平均 star
starある一人の男のマラソン日記、しかし、深い
starエッセイとしてはよい
star僕という個人に染み入ってきたコトバ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools >

というか、まだ半分しか読んでないけど、走りましょうとか誰かを誘わなくても、走る人はいずれ走るようになるというようなことが書いてあって、私もどうやらそういう種類の人間だったのだ、と自覚した。誰に勧められたわけでもないのに、いつか走れる日が来たら走りたいとずっと願っていたのだから。さて、今晩も走ろう。そして、目標に向かって鍛えよう。結果がどうであれ、走るってことが自分にとって楽しいうちは、走り続けたい。状況が許す限り、続けられたらいいと思う。今の私は、たぶんとても幸せなのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010/10/10

体育の日

今日は10月10日体育の日、と言いたいところだが、どういうわけか違う。今年は明日、11日が体育の日である。

ハッピーマンデーで、体育の日が10月10日と必ずしも定まらなくなってしまったのはもう随分前である。他には成人の日(1月15日)等が、同じ扱いになった国民の祝日である。

大体私は東京オリンピックの年の生まれであるので、体育の日はその開会式の日であるということを知って育った私としては、特に思い入れのある祝日である。

だから、どうしても10月10日が体育の日でないということが、腑に落ちない。大体月曜日が勤務日のパートだったとき、月曜休日が増えてしまい「何がハッピーなわけ?」と思ったりもしたし。勤務日が減れば給料も減る。嫌なものだと思った。というわけで、抵抗が未だに抜けない。きっと私は、そのうち古い人間といわれるようになるのだろうけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/08

青竹を踏む

ハーフマラソン大会にエントリーしたので、2ヶ月後の当日に完走したいと思って、できるときはトレーニングしている私。しかし、どうも事前事後のストレッチなどが不十分な気がして、昨日からまた工夫している。

足の裏も疲れをほぐしたくて風呂などでマッサージしてみるが、他人の足をやるようにはいかない。

ということで、昨日の夜青竹踏みを見つけ出して乗ってみたら、きくきく。ツボにきいているようで、また汗をかいた。健康によさそうなので、気が向いた時にちょこっと乗れるような場所に出しておくことにした。

娘に「何で青竹なの?青くないと駄目なの?」と聞かれ、早速パソコンで調べたところ、孟宗竹のこのカーブがちょうど足の裏には効くらしい。そういうことか、と初めて分かった気がしている朝である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010/10/07

小鳥の朝

夜明けのころ、庭に小鳥が集まって、とってもにぎやかだ。

今は大分日が昇り、空が黄金色に染まっている感じ。

空が高い。キンモクセイの香りがいっぱいにひろがっているようだ。

今日も金色の秋の一日になるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/06

大会まであと2カ月

朝、冷凍庫から干しシイタケを出し、水を入れた容器に入れてそのまま冷蔵庫に。仕事から戻ったら、美味しい煮物を作るんだ!と思って、今日は朝家を出た。そして仕事から戻り、根菜類やこんにゃくを切って、昆布だしで椎茸も戻し汁ごと煮物へ入れたら、ことことしたあとほんわか美味しい煮物の出来上がり。やっぱり干しシイタケのお陰みたい。その美味しさといったら!

そのほか、ニラと卵たっぷりのチーズオープンオムレツにケチャップかけてタバスコもちょっとたらしていただいた。これまたおいしくて、ご飯が進んだ。

夕食後は、マラソン大会の時に着ようと思っている服装で、トレーニングに出発。子どもたちがそんな恰好で走るの?と驚いていた。特に機能性タイツは、すぐれものである。高かったけど、すごく足を守ってくれるから、いいと思った。寝不足のくせに40分走ってしまい、今はもう汗も流して眠くて眠くて。娘の宿題の終わるのを待っているところ。

ともかく栄養のバランスの良い食事をとり、身体をよくほぐし、夜は睡眠を十分にとって、大会の日を迎えたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/05

鮭のカレークリームソース

今晩のメニューは、コウケンテツさんのレシピ。

   鮭のカレークリームソース

とても美味しかったと、家族に大好評。皆様もぜひ試してみて。簡単です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/04

孫の手

今日は学校行事の振り替えで休みの娘が、家で留守番。私と息子は、用事があって東京へ。いつもの電車より早いのに乗れたので、違う路線で行ってみようと言う息子。珍しいこと言うなあと思ったけど、お付き合い。最近少しだけ、融通がきくようになったな。家の娘からはどうしてもミスタードーナッツの割引券(今日から)を使って、お土産を買ってきてほしいと、電話で何度も督促がある。仕方なく帰りに、駅でドーナッツを10個買う。

帰ってから息子に遅い昼ごはんを食べさせ、大急ぎでおばあちゃんの卵焼き入りの弁当を持たせ、塾へ送り出す。おかずは手作り佃煮と肉みそと卵焼きとデザートに柿だけ。さっきうどんを沢山食べたから、これでいいだろう。自転車はパンクしてるので、大急ぎで歩いていく息子。

思えばこの自転車を買ったのは4年も前。当然身体にはもう合わなくて小さいわけで、もう新しいのが欲しいという。当然買ってやりたいが、どういうのがいいものか。詳しい人に教えてもらって、今週中には用意しよう。遅ればせながら、高校の見学を考え始めた様子。ぼちぼち私も同行しなくては。

私は実は昨日から具合があまりよくなくて、出かける前も帰ってきてからも、横になっていて娘の相手をあまりしてやれず。夕方の今になって「背中がかゆいよ~。掻いて~。」と娘が甘えてくる。「何言ってるの!昔から背中は孫の手が掻いてくれるのよ!」と文句を言いながら、私は可愛いので背中を掻いてやる。こんなことをしてあげられるのも、本当に今のうちなんだろうなぁと思いながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/03

ドングリをひろう

今日は爽やかな10月の日曜日。午前中は忙しかったが、帰宅後はのんびり。

娘が漫画雑誌「りぼん」の発売日だというのに、学校行事続きでぐったり。今にも熱を出しそうに寝ている。「ママ、お願いだから私の小遣いで買ってきて。」いつもなら厳しい私だけれど、娘が疲れすぎて可哀そうだったし暇だから、じゃぁ自転車でのんびりでかけてくるわ~、と家を出発。駅の書店でお目当ての漫画を買う。

帰り路は自転車で、遠回りの急坂をすい~っと降りて、キンモクセイの香りをいっぱい吸いこんだ。このまま帰りたくないな~って思うけど、そういうわけにもいかないので、一か所だけ寄り道。父が大好きだった散歩道のお寺へ到着。私はクリスチャンだから、お賽銭はあげないでお辞儀だけ。そのあと父の散歩道だった、その裏山を登った。かさこそかさこそ、足元で枯葉の音。秋なのに、今日はにぎやかに蝉が鳴いたりして。季節の変わり目なんだなぁ。

足元によく見ると、未だ小さな青いドングリが落ちていた。私はそれを3つ拾って、父へのお土産にした。10月は、父のことばかり思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/02

鯵の干物と天の川

娘が2泊の体験学習から帰宅。くったくた。

お土産は、一人ずつトライした鯵の干物作りのお持ち帰り。

話を聞くと、あれやこれや盛りだくさんの内容だったようだけど、夜に生まれて初めて見た天の川が、とっても印象的だったようだ。

今夜は疲れてぐっすり眠ることだろう。お帰りなさ~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/10/01

はかない命

今日から暦は10月に入った。10月の末には、実は亡父の誕生日がある。そのせいか私は、10月になると「菊」という名前だった、身体が弱く早世した祖母を想う。

赤ちゃんのことお願いね、と姉に生まれたばかりの初子を託し、若い命は旅立った。その後赤ちゃんは立派に成長し、あなたと同じように、お話の上手な優しい人間に育ちました。それが私の父親で、その娘が私です。天国に行った祖母とその息子である私の父は、長い時間を経て再会し、仲良く地上の私たちをを見下ろしていることだろう

間もなく野菊の季節を迎えるというのに、今日私は3回、蝶を見かけた。一匹目は、水溜りのところにじっととまって、翼を休めているような黒いアゲハ。二匹目は、秋の庭をはかなく飛ぶモンキチョウ。三匹目も庭を飛んでいた。アゲハ蝶。

ベランダでは、夏の間生い茂っていたシソに、白い花が咲いて、小さな花びらを散らしている。風に揺れるシソの花を見ているうちに、本当の秋が訪れたのだなぁと、少し切ない気持ちの昼下がりである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »