« パンと葡萄酒 | トップページ | よろしく »

2011/02/09

People will talk. (人の口には戸は立てられぬ)

このところ、学校の近所の役員決めですっかり神経をすり減らし、まいっていた。引き受けられるものは引き受けたが、引き受けられないものは断った。できることはできるが、無理なことは無理なのである。ところが、断ったことに腹を立てた人達から顔を出せ、とひとづてに連絡が入った。私には自分がふたつ目の役を引き受けられない事情を、怒っている人に全て話して許しを乞わねばならないとは、どうしても思えない。なぜかというと、昔英語の時間に習ったことわざを知っているから。People will talk. (人の口には戸は立てられぬ)

噂なんて、どこにどう広まるかわからない。だから、最低限の事情だけで勘弁してもらって、わかってもらうしかない。そこで間に立った人に最低限だけど真剣に事情を説明をしたら、十分わかっていただけて、別の方に決まったようだ。一安心。…弱みのある人間には、対等に付き合うのにくたびれる相手がいる。本当にくたびれたけど、いろんなことを勉強した数日間だった。でもいつでも、見ていてくれる人は見ていてくれて、応援してくれたりするもので、嬉しいこともあった。

私が一番大事なのは、家族と自分の幸せである。当然果たすべき責任は果たす。でもできないことは断るしかない。それでいいのだ。

私は子どもたちのことも、私のことも、無責任な噂の種にされたくない。だから、これでいいのだ。

|
|

« パンと葡萄酒 | トップページ | よろしく »

コメント

賢者、多くを語らず。
確信に生きる。
パチパチ!

投稿: G3 | 2011/02/09 16:35

コメントありがとうございます。

いぇいぇ、ここでぼやいているわけでして、賢者じゃないですよ。。。
でも、堂々と自信を持って暮らしていけるように、もっと強くなりたいなと思いました。頑張って走るぞ!なんて、寒くてなかなかなんですけどね。

投稿: ののか | 2011/02/09 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/50816429

この記事へのトラックバック一覧です: People will talk. (人の口には戸は立てられぬ):

« パンと葡萄酒 | トップページ | よろしく »