« コクリコ坂から | トップページ | キャラメルコーンのお楽しみ缶 »

2011/07/16

サーカス

サーカス! (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
サーカス! (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) ピーター スピア Peter Spier

福音館書店 1993-06-01
売り上げランキング : 168572


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

連休中に、サーカスの招待状をいただいたので、娘と出かけることにしました。

サーカスなんて、私は何年ぶりかしら。20年まえぐらいに、汐留で見たことがあるかな?あと小さい頃に、家族で1回いったような。母に言わせると、家族で招待券をもらったから、学校を休ませて連れてったとのことですが、私の記憶にはサーカスに行ったことしかないのです。子どもなんてそんなものですね。

不思議な世界でした。とても印象に残ってます。 今回娘はどんな感想をもつでしょう。

【おまけ】サーカスといえばこのメロディ → ♪天然の美

|
|

« コクリコ坂から | トップページ | キャラメルコーンのお楽しみ缶 »

コメント

ご無沙汰です…


子たちが幼かった頃、ボリショイ・サーカスへ行ったことがあります。


熊を使うオッちゃんと一緒に写真を撮りたいとせがまれて、ロシア語で話しかけたらビックリされました。


子供の友達も一緒だったので「もう一枚(露語でイショウ・ラズ)」と言うと…


「にせん・えん…かな?」

と、言い返されたこと思い出します。


ところで、アエラに興味深い記事が出てますよ。

ただでさえ暑いのに…真実を探すのに、一段と熱さ帯びてきます。

投稿: sada | 2011/07/18 02:05

sadaさんおはようございます。

私はボリショイサーカスの空中ブランコですっかり圧倒されてしまいあんぐり。。。緊張がゆるんで熊のときに寝てしまい、あとから娘に怒られました。子どもの心に戻れない哀しさだったりして!しかしロシア語話せる人って、私の人生で3人目かしら。すごいな!>にせんえん、にも驚きますが。

>アエラ

っていえば、野田秀樹が、衝撃的な表紙に抗議して連載をやめたあの雑誌ですね。なんだかあの頃の日本には、きっと大丈夫みたいな雰囲気がまだ首都圏にもありました。私などは、あのときあ~していれば、とか今更思うわけですが、もう今は今でしかないので、これからできることをしなくては!ですね。
しっかしこの酷暑はどうにかならないものでしょうか!

投稿: ののか | 2011/07/18 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/52219353

この記事へのトラックバック一覧です: サーカス:

« コクリコ坂から | トップページ | キャラメルコーンのお楽しみ缶 »