« ポスト | トップページ | ♪晩夏 »

2011/09/08

♪Ya Ya ~あの時代(とき)を忘れない~

サザンオールスターズ♪Ya Ya~あの時代を忘れない~

懐かしい。今日はこの歌を思い出して、昔を懐かしんだ。きらきらした思い出があるから今頑張れるんだなぁと、本当に思う。若さゆえ挫折して泣いたり笑ったり、いろんなことがあった。どれも忘れたくないことばかり。今の私はあの頃の私と繋がっていると思うのは、こういう時。…それで思い出したことをひとつ。

**********

確か私が大学4年のとき、チェルノブイリで原発事故が起こった。新聞の報道を読むにつけ、「原発は安全って日本では言われているけど、ソ連でこんな事故が起こってしまって大変なことになった。」と思ったけれど、本当に申し訳ないけど現実感がなく、遠い遠い国のこととして私は認識していたように思う。そんなとき新聞のコラムか何かで、チェルノブイリというのは新約聖書の終わりにある「ヨハネの黙示録」に出てくる「ニガヨモギ」という植物を意味する地名なのだと読んで、そのときに恐怖の感情が湧いた。とても怖かった。

当時まだクリスチャンじゃなかった私はその恐怖をぬぐいたくて、たまたま大学の研究室にいたクリスチャンの友人に質問した。「ねぇ、キリスト教の教会では、チェルノブイリの事故のこと、どういうふうに捉えてるの?」と。すると返事はなんともあっけなく、「別に世の終わりとか、そんな話にはなってないよ。」だった。それならよかったと思ったけど、その返事に私は、なんとも物足りない感じもした。漠然とだがずっしりと感じている恐怖を、その返事は払拭してくれなかった。

その当時、世の中はバブル真っ盛りで、ブランド物のバッグを女子大生が持っているのが当たり前のような時代だった。私はバイトで貯めたお金はサークルに注ぎ込んでいたから、そういう余裕はなかったが、世の風潮にのり、大学卒業のときには親に借金してヨーロッパに旅行に出かけた。あの頃のヨーロッパは、チェルノブイリから放出された放射性物質に大分汚染されていたのだろうに、全然そんなこと気にしてなかった。ニュースで知っているチェルノブイリと、卒業旅行でまわったヨーロッパの国々が、同じ大地で繋がってるという感覚がなかった。平気でスパゲッティも食べたし、チョコレートも食べていたなぁと思い返す。心配症の兄が広瀬隆の著書などをくれて読んだりしてたのに、これは大変だ、という感覚(恐怖)と自分の現実の生活が、繋がらなかった。目の前のものしか見えなかった私は大学卒業後、導かれるように教会で洗礼を受けた。目に見えない神を信じる者となり、新たな絆を頼りに乗り越えられた困難が幾つもあった。しかしこの問題については、ときどきアンテナがピピっとくる瞬間があったのに、ずっと見えないふりをしてきてしまった。そういう自分の愚かさを、今しみじみと思い知らされている。

**********

あれから25年が経った。そして今年の3月に、私が住んでいる東日本で想像を絶する大地震が起こり、大津波が多くの人命を奪った。そのうえ福島第一原発事故が起こり、間もなく半年。私の生活は一変した。いろんなことに気を遣わなくてはならなくなり、経済もだんだん逼迫してきた。やりたいことも諦めなくてはならなくなった。さらに次々と襲う天災が続くなか、胸が痛くなるような悲劇が、毎日のように耳に入ってくる。

その一方で、なにか世の中はなんとも言えないいやな感じに支配され、私は呼吸するのが苦しい。大事なことが知らされてないもどかしさ。これは卒論で研究した戦前の雰囲気に、とても似ていると思う。気のせいならどんなに良いかと思うけれど。…とにかくなんともいやな感じ。なんとかならないものだろうかとつぶやいてみるものの、私にできることはたかがしれている。例えばこんな思い出話をこんなところで書いてみるとか、それぐらい。。。

|
|

« ポスト | トップページ | ♪晩夏 »

コメント

我が家には「アレクセイと泉」という映画の
DVDがあります。

よかったら検索してみてくださいなgood

投稿: ikko | 2011/09/09 03:08

ikkoさん、素敵な映画教えてくださってありがとうございます。

私、この映画のことちゃんと記事などで読んで知ってる筈だったのに、なんだかたぶん大変なときだったから、アンテナにひっかかってなかったみたい。

良さそうな内容で、救われますね。ぜひ見てみたいのですが、お値段がsweat01

投稿: ののか | 2011/09/09 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/52679930

この記事へのトラックバック一覧です: ♪Ya Ya ~あの時代(とき)を忘れない~:

« ポスト | トップページ | ♪晩夏 »