« 家族の時間 | トップページ | 「雨と血と花と」 »

2011/11/04

漂流する秋

この間から、東京新聞を購読している。父の知り合いに、東京新聞の記者をしていた人がいた。父が生前大変仲良く、そして随分お世話になった方なので、私は今頃ご恩返しをしている気分である。並行して実家がとっている朝日新聞も読んでいるが、同じことでも報道の仕方は随分違うのだなということがわかる。

*********

東京新聞の今朝の【暮らし】のページに、詩人の長田弘の文章が載っていた。「小さな本の大きな世界」というコラムを連載しているらしい。今日のタイトルは「確かなことば」。

「手紙をうけとって、封をひらいて、読む。」という書き出しで、イラストはあの酒井駒子さん。詩人のことばは、心に響く。福島出身の長田弘が、故郷からの手紙を読んで心に残った詩を紹介した文章。それは、今も福島に暮らしている内池和子さん(福島市の詩の会「クレマチスの会」会員)から九月の例会に出された作品で、鎮魂の祈りの詩である。

私はその「漂流する秋」という詩に感銘を受けた。そして、文章をしめくくる長田弘の言葉にも。確かなことばの力を今こそ噛みしめたい、そんな秋の一日だった。

長田弘詩集 (ハルキ文庫)
長田弘詩集 (ハルキ文庫) 長田 弘

角川春樹事務所 2003-03
売り上げランキング : 19055


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

くまとやまねこ
くまとやまねこ 湯本 香樹実 酒井 駒子

河出書房新社 2008-04-17
売り上げランキング : 23869


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|
|

« 家族の時間 | トップページ | 「雨と血と花と」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/53161513

この記事へのトラックバック一覧です: 漂流する秋:

« 家族の時間 | トップページ | 「雨と血と花と」 »