« ホットケーキの午後 | トップページ | ミュージカル「南太平洋」 »

2012/04/23

二本松の思い出

Img_0038 【数年前の実家のガーベラ】

4月もそろそろ終わりである。私はツツジやハナミズキが咲き乱れる九州の街で、社会人になって初めての連休のことを思い出している。大学時代の同期と一緒に私は、先輩が静岡県から乗ってきた車に同乗させてもらい、高速道路を北上し、福島を目指した。仲が良かった友が卒業し福島に戻ったので、その故郷を訪ねたのである。

福島には、のんびりした山と田んぼと空があった。とにかく空の広いところだった。青い空に悠々と泳ぐ鯉のぼりは、私の心の風景に今もくっきりと刻まれている。福島で懐かしい友と合流し、私たちは二本松で彼の両親にご挨拶。実直なご両親に、福島県人の素朴さを見た。

近くの霞ヶ城で休憩したり、安達太良山を眺めたりしたような気がするが、段々陽が落ちて、我々は夜は早くに店じまいする中一軒だけ営業していた居酒屋に入り、山菜の天ぷらを食べた。学生時代のように、ぐだぐだと飲んでしゃべって、楽しい夜だった。

あのような平和な時間は、もう二度と戻ってこない。私は無知すぎた。子育てが落ち着いたら、また同じ仲間で福島を訪れることがあるような気がしていた。けれどもいつの間にか私たちはひとりひとり、全く別の道を大分遠くまで歩いてしまい、立場も変わった。私もこんな遠くに来てしまったし、もう会えないのだろうかと寂しくなる。あの時の仲間がそれぞれの場所で、悔いのない人生を送っていたらそれで良いと思うがどうだろう。二本松は、福島第一原発から50キロ。あののどかな風景は、変わらず広がっているのだろうか。福島市も同じような距離だそうだ。…そういえば私がよく読むブログで、福島の子どものことが紹介されていた。関心のある方はぜひ(→院長の独り言)。

福島の子どもたちからの手紙 ほうしゃのうっていつなくなるの?
福島の子どもたちからの手紙 ほうしゃのうっていつなくなるの? KIDS VOICE

朝日新聞出版 2012-02-07
売り上げランキング : 57552


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|
|

« ホットケーキの午後 | トップページ | ミュージカル「南太平洋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/54541463

この記事へのトラックバック一覧です: 二本松の思い出:

« ホットケーキの午後 | トップページ | ミュージカル「南太平洋」 »