« 心の支えと好奇心 | トップページ | パイナップルひとりぼっち »

2012/05/19

「鳩」が好き…火の国より…

詩のこころを読む (岩波ジュニア新書)
詩のこころを読む (岩波ジュニア新書) 茨木 のり子

岩波書店 1979-10-22
売り上げランキング : 21826


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

娘がこの本に紹介してある「鳩」(高橋睦郎作)という詩にはまっている。電話で兄に、「本当にいいの!」と紹介している。流行曲を教えてるようなノリなところが面白い。「詩」って、本当にいいよね。

++++++++++++++

今日は体育大会の練習があって、娘は弁当持参で土曜だけど登校。ソーラン節の振り付けが、関東にいた時とは違うそうで、一生懸命練習している。まるで同一人物じゃないような姿に、私は正直驚いている。午後3時ごろ、また日焼けして帰宅した。少し遅れて担任から電話を頂戴した。「お嬢さんのことなんですが、とてもなじんで楽しそうです。お母さん心配しておられましたけど、決心して引っ越してこられてよかったですね。」とのこと。私はほっと一安心。学校で本当に楽しくやってるようだ。よかったよかった。

++++++++++++++

そういえば、娘に昨日質問されたことがあった。「ねぇ、熊本が舞台になったNHKのドラマってあった?」聞かれてすぐに答えられる私は、相当なTVっ子だ。「『火の国に』っていう鈴鹿景子って人のがあったわ。よく覚えてるなぁ~私。」さて、みなさんは記憶にあるだろうか?

因みに、引っ越してから私は殆どTVを見ない生活なので、コンセントは抜いたまま。たまに娘が見ているが、その時以外は抜いている。そのおかげかもしれないが、初めて払った電気代がとても安かった。もしかしたら、節電にTVを見ないっていうのは効果があるのではなかろうか?なんとなくTVをつけっぱなしにしている方、ちょっと実験してみてはいかが?

|
|

« 心の支えと好奇心 | トップページ | パイナップルひとりぼっち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/54747322

この記事へのトラックバック一覧です: 「鳩」が好き…火の国より…:

« 心の支えと好奇心 | トップページ | パイナップルひとりぼっち »