« ビリー・ジョエルの朝 | トップページ | 文学探訪 »

2012/09/01

おはぐろとんぼ

今、江戸の庶民の世話物を読んでいる。

おはぐろとんぼ 江戸人情堀物語
おはぐろとんぼ 江戸人情堀物語 宇江佐 真理

実業之日本社 2009-01-21
売り上げランキング : 110584


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山本周五郎や藤沢周平でもなく、宮部みゆきでもない作家のが読みたかったので、この本を選んだ。何冊かある中からなんとなく。内容は情緒的で、すっかり現実逃避できる私。あぁ江戸~東京が懐かしい。

何篇かの小品からなる本書だが、「おはぐろとんぼ」のところに出てくる黒いトンボの記述を読んで、思い当たる節があった。先日阿蘇のふもとの田んぼのところで見かけたトンボと同じではないかと。それは不思議で、蝶のように羽を開いたり閉じたりして飛ぶ黒いトンボだった。インターネットで検索すると、あのトンボこそまさにおはぐろとんぼだった。(昆虫エクスプローラ→こちら)

今日から9月。熊本はすっかり朝晩涼しくなって、窓を開けていると風邪をひきそうだ。昨日の夜はブルームーン(8月二度目の満月)で、とても綺麗だった。こうして季節は移ろっていくのだなぁと、仲間と一緒に食事をして少し酔った頭で月を見上げた夜だった。

★毎日の買い物のガイドの指針として。ちょっと下品な表現もあるブログですが、知らないよりは知っていた方がいいことが書いてあります。どうぞ一読を(→チダイズム)。

|
|

« ビリー・ジョエルの朝 | トップページ | 文学探訪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/55555626

この記事へのトラックバック一覧です: おはぐろとんぼ:

« ビリー・ジョエルの朝 | トップページ | 文学探訪 »