« おはぐろとんぼ | トップページ | 風葬の教室 »

2012/09/05

文学探訪

新学期が始まり、娘は早速試験だそうで、家でうんうん勉強中。国語が得意なのに読書が嫌いなわが子だが、最近は興味がわいたようで、色々話をする機会が増えた。

急に「森林に自由は存す」と言い出したので、「えっと武者小路実篤だっけ?」と返したら、「国木田独歩の『武蔵野』。」と彼女がつぶやいた。そうだったなぁ。

私は国木田独歩と言うと、おかしいと思われるかもしれないが、手塚治虫の鉄腕アトムの中の「赤いネコ」を思い出す。森林破壊を憂う博士の物語だったと記憶しているが、『武蔵野』の文章が効果的に使われていた。

ここ熊本ゆかりの文学者と言えば、夏目漱石に小泉八雲、徳富蘆花など(→★)。まだ訪ねたことがない文学館は、時間があるときに訪ねみたい。文学者ではないが、近代史に名を残す横井小楠という人もいたそうだ。

+++++++++++

さて今私が読んでいる本はこちら。

まほろ駅前番外地
まほろ駅前番外地 三浦 しをん

文藝春秋 2009-10
売り上げランキング : 16826


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読み物として面白いが、直木賞をとった前作から順番に借りるべきだった。まぁいいか。

まほろ駅前多田便利軒
まほろ駅前多田便利軒 三浦 しをん

文藝春秋 2006-03
売り上げランキング : 16155


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

でも本当に読みたいのは、この間高校生の知り合いに勧められたこの本。

舟を編む
舟を編む 三浦 しをん

光文社 2011-09-17
売り上げランキング : 490


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|
|

« おはぐろとんぼ | トップページ | 風葬の教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/55585145

この記事へのトラックバック一覧です: 文学探訪:

« おはぐろとんぼ | トップページ | 風葬の教室 »