« 隋兵寒合(ずいびょうかんや) | トップページ | 笑う門には福来る »

2012/09/23

秋分の日が過ぎて

2_img_0019

【これは昨年の実家の庭のヒガンバナ】

先週娘が帰ってくるなり、学校や通学路にヒガンバナが咲いてたよと教えてくれた。私は「お彼岸だものね。」と言っておはぎを出した。そう、昨日は彼岸の中日であり秋分の日であった。

秋分の日なのに22日なのは、閏年だからだろうと思ったけれど、そういえば春分の日はどうだっけ?と連想して気づいた。そうそう、2月29日があることで閏は調整しているはずよねって。調べてみると、春分や秋分の日が移動するのは閏年とは関係なく「太陽が春分点、あるいは秋分点を通過した瞬間、すなわち太陽黄経が180となったとき」にカレンダーを合わせているからのようだ。

昨日は雨が降って、寒い一日だった。日曜日の今日は雨は降っていないが、秋の虫の声も小さくなってやはり気温は低い。出かける娘は長袖のパーカーをとっかえひっかえ鏡の前で合わせてみて、やっとさっき飛び出して行った。秋色の街で楽しんでこれたらいいのだが。

私は昨日は講演会で挨拶したい方に会い、新しい出会いも与えられ有難いことだった。また、10月からは慣れた仕事場で働くことになった。とはいえなかなか生活は安定しない。それでも与えられた場にあって謙虚に経験を積み、大事なことは守りながら生活していけたらいいなと思う。

|
|

« 隋兵寒合(ずいびょうかんや) | トップページ | 笑う門には福来る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/55724219

この記事へのトラックバック一覧です: 秋分の日が過ぎて:

« 隋兵寒合(ずいびょうかんや) | トップページ | 笑う門には福来る »