« 十字架を仰ぎつつ | トップページ | 高菜チャーハン »

2012/10/08

人生苦あれば楽あり

昨日は懐かしい人からメールをもらい嬉しい半面、距離ができてしまったことを寂しく思った。なんだか暗い気持ちのまま寝ようと思ったら、今度は意外なメール。差出人はこちらで知り合った年配の女性。とてもお元気でてきぱきした、近寄りがたいような方である。最近私が出没しないので、急に心配になって連絡をくれたらしい。そこで私は、就職が決まったことや土日の出勤があるため顔をあわせにくくなってしまったこと、それでも元気にやっていることを手短に返事に書いた。そうしたら、「もう遅いから返事はいらないけれど元気そうでなにより。なんかあったら相談してね。」とまたメールがきた。私はとても有難く思い、安心してぐっすり眠れた。

一夜明けた今日は、思えば遠くへ来たもんだ」寂しくなって電車の中で涙がポロリと出たけれど、そのあとほんわか幸せ気分になった。寝る前のメールが嬉しかったからだと思う。「人生苦あれば楽あり」なんて言葉が思い浮かんだりもした。

そうすると他愛のないことで幸せを色々味わえた。職場の電話で話した方の声が母に似ていたこと、寄ったお店で香りのよい生のバジルを手に入れたこと、それから細長い形のカボチャを見つけて面白いと思ったこと。駐車場に咲いているキンモクセイが綺麗なオレンジ色をしていい香りをさせていること、黄色いヒガンバナを沢山見かけたこと、横浜の息子が機嫌よく電話をかけてきたこと等。

こんな秋のことを、私はしばらくしたら思いだすのだろう。引っ越した一年目は、気分が上がったり下がったり忙しかった、あの頃はまだ落ち着いていなかったからねって。…さて今夜は予定変更。夏は終わったのに、ニンニクをたっぷりきかせたトマトバジルスパゲッティだ!

|
|

« 十字架を仰ぎつつ | トップページ | 高菜チャーハン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/55841950

この記事へのトラックバック一覧です: 人生苦あれば楽あり:

« 十字架を仰ぎつつ | トップページ | 高菜チャーハン »