« 人生苦あれば楽あり | トップページ | アルプスの少女ハイジ »

2012/10/10

高菜チャーハン

夕食風景は久しぶりかも。

Img_0003

今度娘が阿蘇にキャンプに行くのだが、中学生たちにいかに不便な生活をさせるかが学校の目的なのか、食事準備の時は火起こしをするそうだ。出来上がるのに何時間かかるだろう。夕飯メニューは、一日目が豚汁と高菜ご飯、二日目がカレーとか。ということで、家庭科の調理実習でこの間は豚汁を作ったという。私は娘の反応を見たくて、今夜は豚汁と高菜ご飯ならぬ高菜チャーハンを作ってみた。

高菜漬けは阿蘇地方の名物である。ところがうちの娘は、味が嫌いと言って殆ど食べないのだ。確かに高菜漬けは発酵させて作るためか、独特の風味がある。言い分はわからなくはない。美味しいんだよといくら言っても、昔食べた印象が悪くて、こちらに越してきてから娘は一度も高菜漬けを食べてくれなかった。

だから献立にあげることは殆どなかったのだけど、今夜は堂々高菜チャーハンにしてしまった。高菜漬けを刻んで胡麻油で炒め、私はジャコではなく鶏のひき肉も一緒に炒めご飯を入れてできあがり。胡麻もたっぷり入れてみた。娘の反応はどうだろう。

お腹がすいていたのか、パクパク食べて美味しいと連発し、あとから「これ高菜だったの?」だって。ニコニコしているからよかった。よく油で炒めた物が売っているのだが、それだと確かに高菜漬け独特の風味が増しているようだ。今夜は調理したてだからよかったのかもしれない。豚汁もうまくできたから好評。私はホッとしたのか、食後グウグウ寝てしまい、現在はひと眠りして自然に目覚めた夜中である。以上でキャンプ前実験レポート終わり!

|
|

« 人生苦あれば楽あり | トップページ | アルプスの少女ハイジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/55857182

この記事へのトラックバック一覧です: 高菜チャーハン:

« 人生苦あれば楽あり | トップページ | アルプスの少女ハイジ »