« 目に見えるもの | トップページ | 絵画と音楽 »

2012/11/21

詩ふたつ

今朝は6時半にクリスチャンの友の家に行き、ともに東日本大震災の日のことを思い浮かべ、家族や周りの人のために祈りました。

目を閉じてあの日まで幸せに向かって一生懸命だった自分を思い出したら、涙が溢れて止まりませんでした。311以来いつも不安です。1年8ヶ月も経ったというのに。もちろん現在はお陰様で穏やかな毎日を送っていますが、大きな目で見ると、未だに微かな灯りを頼りにさまよっているような気持ちで孤独な時がよくあります。

+++++++++++++

しかし今朝は、日本や世界各地で同じテーマで祈りを捧げている人の輪を感じました。確かな繋がりによって、弱い自分が支えらているのが分かりました。とても静かな時間でした。ふと「恐れるな、私はあなたと共にいる」という聖句が頭に浮かびました。

慌ただしい来訪にjもかかわらず、会のあとルイボスティーとデコポンジャムと美味しいクッキーをご一緒したのが、とても嬉しかったです。でも娘の朝食用にいただいた最後のクッキーが家に着いたら見当たらないのはなぜでしょう?きっとあわてんぼうの自分が、車の中に落としたのでしょうね。結局家では娘と、パンと果物の朝食をとりました。

さて今日は、どんな一日になるでしょう。今デスクの横に飾ってあるのはこの本。内容が深く美しい本なので、とても心が休まります。

詩ふたつ
詩ふたつ 長田 弘 グスタフ・クリムト

クレヨンハウス  2010-05-20
売り上げランキング : 143818


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※ところで、私の手元にあるのはこの表紙ではなく、グリーンとイエローのツートンカラーです。あまり美しくはありません。クリムトの花の絵と長田弘の詩で内容が豊かなのに、なぜツートンカラー?美しい表紙のはずなのにおかしいな?と思い、先ほどこの本を出版したクレヨンハウスに電話してみました。すると、この本は外箱に入っている状態で販売しているらしく、その外箱がクリムトの絵なんだそうです。図書館にある本には外箱はついてないですから、こういうことになったということがわかりました。もったいない。あの箱はどこに行ったんでしょう。

|
|

« 目に見えるもの | トップページ | 絵画と音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/56159722

この記事へのトラックバック一覧です: 詩ふたつ:

« 目に見えるもの | トップページ | 絵画と音楽 »