« おまじない | トップページ | 絵本が育てる子どもの心 »

2013/03/08

過ぎ越しの祭り

昨日9ヶ月ぶりに横浜に来ました。花粉だかPM2.5だか放射能だか分かりませんが、目の粘膜に何かがベットリついた感じが始まって、喉の調子が変になりました。到着以来気温が高く、埃が舞うような風が吹いています。

実家の母とは毎日家族間無料の電話で連絡をとっているせいか、あまり久しぶりの感じがしませんでした。しかし母が昨夏手術をしてから、まだ以前の元気な状態には戻っていないと思い、胸が痛みました。こんな身体で鼻血を出したのかと思うと、気の毒です。温泉がある九州に呼びたいと思いますが、また断られました。息子は元気にしていました。受験勉強をここで1年したいそうです。この4月に引っ越せという説得に応じてくれません。

娘のアトリエの先生と会いました。息子のクラスメートだったお嬢さんのお母様とも会いました。みんなそのまま。でもオメデタあり、就職あり、1年もたつと変化がありました。新しい命が無事に生まれるように!家族を支える母の働きが守られるように!祈りながら握手をし、ハグしました。お土産の晩白柚が喜ばれました。

今年はイースター(復活祭)が3月31日です。新しい生活を未練なく始めるため、私は気持ちに区切りをつけようと思います。教会では、今はキリストの十字架の苦しみを覚える受難節。聖書にある色々なエピソードが思い出されます。そんな中、今朝久々の地震を経験しました。東京が震源で、ドスンと揺れた地震でした。久々の恐怖です。東日本大震災から2年たっても、あの日の揺れやその後の混乱の恐怖が甦ります。そしたら旧約聖書の「過ぎ越しの祭り」に思いが至りました。

十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-06-20
売り上げランキング : 5348


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

災害や疫病を、人間は避けようがありません。自分や自分の家族だけは免れるということはありません。いくら心掛けが良くても、です。今の日本では、古代エジプトでユダヤ人が羊の血を門に塗って助かったように、不幸は避けて通ってくれないと思います。なんといっても、全ては自己責任の国ですから。

|
|

« おまじない | トップページ | 絵本が育てる子どもの心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/56911540

この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎ越しの祭り:

« おまじない | トップページ | 絵本が育てる子どもの心 »