« 白樺の木陰での朝食 | トップページ | 日常と非日常 »

2013/04/24

ミヤマキリシマ

今朝はとても睡眠不足だった。なのに職場に30分早く出なくてはならず、大雨の中車を運転したのが怖かった。あれだけ降ったのに、やがて呆気なく雨はあがった。こんな日には、さぞかし傘の忘れ物が多かったろう。

昼下がり。また空き時間があった私は、珈琲を飲んでひと休みしたくてあの店に行った。丁度店主が珈琲豆を焙煎しているところに出くわし、興味津々で様子を見学。自分が知らないことは、世の中にまだまだ沢山あると思った。

  南阿蘇の春

連休に息子が熊本に来るので、一緒に日帰りで阿蘇の方面に行けたらよいだろうと考えていた私は、マスターに5月の阿蘇の様子を尋ねた。観光客で混雑するから、ランチ目当てで店に行列するより、ピクニックの用意をして自然の中で弁当を楽しむのが一番!と教えてもらった。5月には、ミヤマキリシマが山肌一面に美しく咲くのだそうだ。

十年前に見たミヤマキリシマはそれはそれは美しかったと話を聞いて、それなら私も是非見てみたいと思った。ジャカランダの花を見に宮崎まで旅した母と同じ血が、私の体にもめぐっているのだろう。

|
|

« 白樺の木陰での朝食 | トップページ | 日常と非日常 »

コメント

ジャカランダの木(花)を知っている人がいた!
驚きました。
今まで、誰に話しても「知らない」という返事しか返ってこなかったけど。
カリフォルニアのLAやオーストラリアのアデレードに、その木はたくさんありました。日本では、宮崎、そして雲仙市の小浜でしたっけ。見ごろは6月でしょうか。
3.11以前に外国で見た光景が、なんだかとても遠い遠い日の出来事だったような、夢か幻のような気がしています。

投稿: あかべこ | 2013/04/28 17:06

あかべこさま。コメントありがとうございます。
おぉ、ジャカランダを海外でご覧になったことがあるのですね。うらやましいです。母が、宮崎など日本のはまだまだ、海外の暑いところで花盛りなのと比べたら迫力がないだろうと言っております。でも私は、どちらも見たことがないので分かりません。
>なんだかとても遠い遠い日の出来事だったような、夢か幻のような気が
本当に…、あの日を境に私の世界も変わってしまいました。いくら懐かしんでも、戻ることはできないのですね…。

投稿: ののか | 2013/04/28 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/57241485

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマキリシマ:

« 白樺の木陰での朝食 | トップページ | 日常と非日常 »