« 逆もどりの天気 | トップページ | ミヤマキリシマ »

2013/04/23

白樺の木陰での朝食

インフルエンザのときに見舞いにお花を贈ってくださった方に、お礼状を出したらまたカードをいただいた。そのカードの絵が気に入って、デスクに飾っている。それは白樺の木陰での朝食(カール・ラーション)。

なぜかこの穏やかな絵を見ると、私は「長くつ下のピッピ」を思い出し嬉しくなるのだ。小学生だった自分はこの本を読みながら、いいなぁ楽しそうだなぁと思いを巡らせたものだった。あの頃は幸せだった。

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))
長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014)) アストリッド・リンドグレーン 桜井 誠

岩波書店 2000-06-16
売り上げランキング : 23599


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんと今日になって調べてみると、ラーションはピッピと同じスウェーデンの人ではないか。私がピッピを連想したのには、ちゃんと理由があったのだ。

気に入ったものはもっとゆっくり味わいたいので、今度図書館でラーションの画集を探してみようと思う。

|
|

« 逆もどりの天気 | トップページ | ミヤマキリシマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/57231153

この記事へのトラックバック一覧です: 白樺の木陰での朝食:

« 逆もどりの天気 | トップページ | ミヤマキリシマ »