« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013/08/31

女性たちの名前

この頃映画ばかり観ている私だが、心に残った女性の名はハナ。ジュリエット・ビノシュが1996年のアカデミー助演女優賞をとった「イングリッシュ・ペイシェント」。

イングリッシュ・ペイシェント [Blu-ray]
イングリッシュ・ペイシェント [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-02-08
売り上げランキング : 5637


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もうひとつは、このブログで感想を書いたことのある、「あなたになら言える秘密のこと」(2008年)。この看護婦の名前はハンナ。

あなたになら言える秘密のこと [DVD]
あなたになら言える秘密のこと [DVD] イザベル・コイシェ

松竹ホームビデオ 2008-11-27
売り上げランキング : 108864


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もうひとつ気になっている好きな映画の主人公の名前は、サラ。サラは神への祈りを大切にした、悩める心優しい女性だった。

ことの終わり [DVD]
ことの終わり [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-06-03
売り上げランキング : 8011


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハナはハンナとは違うのね。旧約聖書に登場する女性たちと同じ名前かと思ったけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/08/26

天草の思い出

この間の天草旅行の写真を3枚載せます。

旅をした二日間、天草は熊本県一番の暑さで39度を記録しました。

◆綺麗な夕陽を見ました(下田温泉近くより)。

Img_0082

◆夕食の一品。ガラカブ(カサゴ)の煮つけ。煮汁を付け汁にするのが、素麺の一般的な食べ方だそうです。

Img_0088

◆翌日は、西海岸の十三仏公園から、美しい海を眺めました。眼下の白鶴浜には夏になると、ウミガメが産卵に来ていたそうです。今はどうなんでしょう?

Img_0094

このあと、大江の天主堂に行き、恩師のために祈りました。美しい教会でした。シスターとお話をしました。本当はそのあと津崎の天主堂にも行きたかったのですが時間切れ。次の機会にしたいと思います。

行き帰りの車では、懐かしいCDをかけました。みんなの歌のベスト盤です。♪なつやすみのおさかな という歌が収録されているこのCD。懐かしい思い出があるこの歌を聞きたくて、オークションで買い求めたものです。子どもたちは初めて聴くので新鮮だったようで♪なつやすみのおさかなの他、♪虫歯の子どもの誕生日と、♪ドラキュラのうたには大笑いでした。細川たかしの歌う♪ヘドラーの歌も笑ってしまって、私はそのお陰で長距離運転でも眠くならずに済んだのでした。

Img_0097

楽しい夏の計画は終わってしまいました。息子は熊本滞在最後の夜にも、こんなに美味しそうな料理を作ってくれました。実際美味しかったです。またこの次も、元気でやってきてゆっくり過ごしてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/08/22

恩師との別れ

19日、高校時代の恩師の訃報が入った。私は天草に向かう車の中で、危篤である恩師との別れが 近いことを感じていたので、報に接したときやはりと思った。有明海に沈む夕陽を私が見ているときに、先生は天国に旅立った。遠い異国の地で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/08/19

猛暑時々曇り

シフトを見たら連休になっていたので、今日は一泊、横浜から保養にきた息子と一緒に旅行に行くことにした。行き場所は阿蘇が近いが、子どもにはまた違う楽しみを味わってほしい。ということで、目指すは天草。今年は自家用車で運転していく。綺麗な海と夕陽を見たい。

天気が気になるといったら、娘がてるてる坊主を作ってくれた。妙に和風な顔がついているので、おかしくて笑った。さて当日、実際の天気はどうだ。桜島が大噴火したという。影響はあるのだろうか。天気予報はとても不思議な表現だ。猛暑時々曇り、だそうだ。

今回の宿泊代は、アルバイトで貯めたお金を使う。だから特に、楽しめればいいなと思う。息子は今朝、張り切って本格インドカレーを作っている。あれこれ手伝えとうるさい。宿題提出が間に合わないと、娘は連日夜中まで頑張っている。数学と英語は終わった。理科のレポートはまだ途中。国語の作文は旅先で書くそうだ。21日に出せるかどうか。旅行いかなきゃよかった、と言われたくない私。無事に行って帰りたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/08/17

考え続けること

昨日の夜、京都の福知山で開催されようとしていた花火大会で、屋台のガスボンベ爆発事故があった。60人もの人が病院に運ばれたが、5人は重体とのこと。もちろん花火大会は中止になった。一方長野県の諏訪湖でも、豪雨のため花火大会が中止になり、多くの客が帰宅困難になったとのこと。上諏訪駅などは東京の原宿状態。まさかこんなことになるなんて。先月の東京・隅田川花火大会中止も、記憶に新しい。日本の夏の風物詩を味わおうとした庶民の願いは、思いがけぬことで残念ながら破られた。

このように、この夏日本は想定外の災害や事故を、これでもかこれでもかと経験している。まるで国民が試されているかのようだ。またかとなってくると人々の危機意識は薄れる。これでは受難の度に嘆くこと、悲しむこと、備えることに鈍感になりかねない。

奇しくも昨日は終戦記念日であった。第二次世界対戦で日本が敗けてから、68年。戦争は人を狂わせるから恐ろしい。あんな悲劇を繰り返してはならない。しかし現首相は、改憲こそ自分の歴史的使命と宣う人だ。なにが美しい国だよと思う。あれだけの犠牲を内外に出し、二度と戦争はしないと誓ったからこそ憲法に戦争放棄が謳われたのだと私は思って育った。敗戦からたかだか70年も経たぬのに、戦争をしたくて仕方がない政党が与党になった日本。

##############

そういえば、昨日の朝放送された番組を見た。NHK杯全国高校放送コンテスト・テレビドキュメント部門の作品紹介番組である。放送部の高校生たちの日頃の様子が分かる楽しい内容が多かったが、静岡の高校の、地震予知について地域住民900人の声を集めた上で専門家にインタビューし考える内容のものはレベルが高かった。また、この春九州を訪れた際出会った福島県立相馬高校生の新作が、部門優勝したのは嬉しかった。東日本大震災直後、卒業した中学の制服のまま入学式に集まった新入生たち。校歌の練習を数日したあと、応援団長がみんなに話した言葉!一人一人の葛藤があるままスタートした、一見普通に見える高校生活。問題を見つめながら記録を続ける放送部。そして、心の叫びを訴える演劇部との出会い。やがて舞台は東京へ。最後は九州への旅。長崎・水俣で見たもの、聞いたものは、更に彼女たちに響いたようだった。圧巻は、上映会後のインタビューに答えた高校生の言葉。私は未来を作るのはこういう若者たちだと思った。震災からの2年をまとめたこの作品は、多くのことを教えてくれたと思う。

私はこの機会に、福島県立相馬高校放送局の受賞作品「相馬高校から未来へ」が全国放送で流れた意味は大きいと思う。作品に込められたメッセージを受け取ろう。我々は、福島を考えることを忘れてはいけない。今も、これからもずっと。(※8月17日加筆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/08/10

Another Dream

今朝は夢を2つ見た。知人が海外移住をする寂しい夢と、大雨で川が氾濫し子どもと一緒にはらはらするリアルな夢だった。そういうわけで、蝉が鳴き始めた朝の7時なのにもうぐったり。

大体、一昨日の緊急地震速報がいけなかった。東日本大震災直後、余震を知らせるアラーム音のたび焦って怖がる子どもをなだめて過ごした。あの時の緊張が甦ったのだった。予想が外れたのはよかったが、本当にくたびれた。

昨夜はそういうわけで、気分転換に早めに夕飯にした。空腹では有事に耐えられない。水彩色鉛筆を子どもに渡して、カラーセラピー塗り絵をしてもらった。残り少ないトイレットペーパーの予備を買いにも行った。とにかく震度7という数字と、真っ赤に中央部が塗られた日本列島の地図が私には相当な恐怖であった。

**********

あくる日は勤務日であった。丁度8月9日だったので黙とうは出来なかったが、昼休みに長崎平和宣言の内容を知って感動した。痛みを知る者は、声をあげ続けなくてはいけない。勇気は必要だが、それが存在の意味でもあるし、社会への責任でもあると思った。

さて間もなく午後の仕事という時刻になって、休憩室にいた職場の若い女性に尋ねられた。「今おいくつですか?人生で一番楽しかったときはいつですか?」なんでも機会があれば同じ質問を色んな人にしているのだと言う。咄嗟に思いついたのは3年前に家のまわりを走って体を鍛えたときのこと。あの時は条件が整って思い切りトレーニングできたので、とても楽しかった。震災を経験してますます、人間なんて明日をも知れぬ運命なのだから、他人と比べずにとにかく自分がやりたいことをするのが一番、と思うようになったんですよ、と心境を語った。…とは言ってみたものの、最近の自分は楽しんでいるだろうか、この生活。私の今の夢は何だろう。何が一番の望みだろう。(※8月12日加筆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/08/06

♪Stand by Me

スタンド・バイ・ミー [Blu-ray]
スタンド・バイ・ミー [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2012-11-21
売り上げランキング : 10346


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨日は娘と、映画「スタンド・バイ・ミー」を観た。夏休みだし、娘がこの映画の主人公たちと同じ年頃だから選んだ。

私は久しぶりに観たけれど、感動新たである。

二度と戻らない夏。かけがえのない友だち。

切ない思いが過ぎていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/08/05

♪アフリカに行きたい

夏休み。空港や駅は、旅行客でにぎわっている。観光地も大混雑だ。私の夏休みは、お盆のあと。まだしばらく間がある。家族でどこにいこうか、ぼんやり計画を考えていた今朝のこと。

COBALT HOUR

COBALT HOUR 荒井由実

EMIミュージック・ジャパン 2000-04-26
売り上げランキング : 2181


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

荒井由実時代のユーミンの曲・♪アフリカに行きたい(↑COBALT HOUR 収録)が思い浮かんだ。夢のような話だが、銀色のセスナに乗り、遠くアフリカに行けたらいいだろうな。現実には、アフリカには問題が山のようにあるわけで、夢見られる状況ではないのだろうが。

*****

現在CMで話題になっているのは、同じくユーミンの荒井由実時代の名曲♪ひこうき雲。「風立ちぬ」のテーマ曲である。映画は1920年代から30年代にかけて、戦争に翻弄される青年の夢と愛の物語。若い命が消えて行く話だ。

風立ちぬ サウンドトラック 風立ちぬ サウンドトラック
読売日本交響楽団 久石譲

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2013-07-16
売り上げランキング : 104

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ひこうき雲 ひこうき雲
荒井由実

EMI Records Japan 2000-04-25
売り上げランキング : 220

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*****

現代は人口の増加に伴い、一人ひとりの命の重さは考えようによっては軽くなっているのかもしれない。でも誰にでもかけがえのない人はいるし、その生死の問題は大問題である。命が失われたら、二度と戻らない。高い空の上から見下ろしたら、人間なんてちっぽけな点のような存在だろうけど、点のひとつひとつにも大事な夢があり愛があり、命がある。疎かにされていい訳はない。

*****

戦争や命の問題を考える8月は、まだ始まったばかり。明日は広島の原爆記念日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/08/02

死ぬまでにしたい10のこと

新しい職場に通い始めて一カ月。段々仕事は分かるようになってきたが、まだまだ完璧にはいかないので、勤務の度に緊張している。昨日は午前中健康診断に行ってからの勤務だった。思いがけず代理で違う仕事を頼まれたりして、ばたばたしたが、夕方やっと事務所に戻ってみると、回覧物がいくつか待っていた。

目を通していたら、一つあれっと思うものがあった。暑気払いの飲み会のお知らせがあるけれど、勤務始まってすぐ確か職場で暑気払いをしたはずだったのだが。詳しく見たら、今度のは私の嘱託チームや総務課が開催するものだった。社会人になりたての同僚二人が行きましょうよ、と誘ってくれたので、出席することにした。沢山話したいことがあるそうだ。直接勤務でお世話になる人たちとの小さい会なので、もっと仲良くなりたいから楽しみだ。

暑気払いといえば、今夜は同じ建物の友達の家で飲み会の予定。私は何か作っていく係だ。彼女の家にはエアコンがないので、暑い中でつつくなら何がいいかしら?と今思案中。この間は私が悩みごとを聞いてもらったので、今夜はこちらが聞く番かも?

とはいえ、今日は子どもと家でゆっくり。また映画を見て美味しいご飯を作ってあげようと思う。息子にも食べ物送らなくちゃいけないし。郵便局にも行かなくちゃ。ちなみに、娘が見たがっている映画はこれ。どんな感想を持つか、今から楽しみである。

死ぬまでにしたい10のこと [Blu-ray]
死ぬまでにしたい10のこと [Blu-ray]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) 2011-06-29
売り上げランキング : 30535


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »