« 薄に舫(すすきにもやい)船図襖 | トップページ | ♪今日でお別れ »

2013/09/30

がちょうのペチューニア

がちょうのペチューニア
がちょうのペチューニア ロジャー・デュボワザン まつおかきょうこ

冨山房  1999-01-16
売り上げランキング : 231543


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

やっと元気になってきました。ブログをほっぽらかしにするぐらい、最近忙しすぎたんだなぁと思います。私はあれこれ動き回るのも好きですが、それだけでは疲れてしまいます。安心してくつろげる場所が、私には大事です。憩いを感じる場所といえば、それは家族のいるところであったり、教会だったり、自分と向き合える場所だったり。そういわけで、「ただいま」という気分で今パソコンの前に座っています。

昨日私が仕事に出ている間、娘は家に友達を招き、一緒に絵を描いていました。娘のを見せてもらったら、映画の「未知との遭遇」と谷内六郎の絵がドッキングしたような、雰囲気のある絵です。完成が待たれます。クラブの仲間と、どこかの町のコンクールに出すんだそうです。

私はというと、昨日はスマートフォンが使えなくなるし、思いがけないいざこざはあるし、気持ちが落ち着かない一日でした。でも図書館から借りてあった絵本のうちこの本を手にとって表紙をめくったら、とても元気になりました。『がちょうのペチューニア』。とても優しい元気の出る色が、嬉しいぐらいです。どんな国の人が書いたのかしらと見てみると、作者のロジャー・ デュボアザンはスイス人だとのこと。ペチューニアはおばかさんで、仲間のことを振り回してしまいます。それからもう一冊、同じ作者の絵本を借りてありました。『みんなのベロニカ』です。優しいカバのベロニカが農場にやってきて、つまはじきに合うのですが、やがて仲間に受け入れられるお話です。

みんなのベロニカ
みんなのベロニカ ロジャー デュボアザン Roger Duvoisin

童話館出版  1997-06
売り上げランキング : 387466


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

よそ者を受け入れるのは、どんな共同体でも大変です。そして大抵の集まりには、元々おかしな人はいるものです。それをはじき飛ばしてしまえば同じような考えの人たちばかりだからやりやすいかもしれないけど、でもちょっとそれでは平和的じゃないし、発展性もないでしょ?一緒に時間を過ごす仲間とは、できることならお互いを認め合って暮らしていきたいものです。せめて違いを否定せず、受け入れられるゆとりがほしい。この絵本は、私の今の心境にぴったりだと思いました。

|
|

« 薄に舫(すすきにもやい)船図襖 | トップページ | ♪今日でお別れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113001/58292461

この記事へのトラックバック一覧です: がちょうのペチューニア:

« 薄に舫(すすきにもやい)船図襖 | トップページ | ♪今日でお別れ »